アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

写真家・竹沢うるまさんをお招きし、カレンダー発売記念イベントを行いました。

カレンダー事務局 大村真理子
2014年11月17日 更新

カレンダー事務局の大村です。10月25日 (土)にカレンダー発売記念トークイベント・竹沢うるま~世界103カ国をめぐる旅を終えて~を開催しました。会場はコミュニティスペースのSHIBAURA HOUSE。定員を超えるお申込みを頂き、大盛況で終えることができました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

竹沢うるま氏竹沢うるま氏

2015年のカレンダーに写真を提供して下さった竹沢うるまさんは、2010年3月に世界一周の旅に出発し、北米、南米、アフリカ、ユーラシアをめぐり、2012年末、1021日にわたる旅を終え帰国しました。今回は世界五大陸で撮影された写真とともに、2時間にわたって旅のエピソードをお話頂きました。

ガラス張りの会場に、竹沢さんの写真が鮮やかに浮かびますガラス張りの会場に、竹沢さんの写真が鮮やかに浮かびます

アマゾンの奥地でシャーマンの儀式を通じて深い精神世界を訪れた時の話や、民主化デモに荒れるシリアに滞在したときの話、ウガンダの孤児院で見た子どもたちの目の輝きや、ボリビアの踊り子に魅せられ、祭りが続く数日間毎日通って撮影した話など、竹沢さんの口から飛び出す数々のエピソードに会場は一気にひきこまれます。

竹沢さんは「自分が見てきた世界をすべて写真に詰め込むことはできない。」と言います。「一歩踏み出したらリアルで、暑くて、くさくて、しんどくて、泥臭い世界が広がっている。自分の写真を、皆が自分で世界を見に行くきっかけにして欲しい。」という言葉に会場一同大きく頷いていました。

偶然写真がガラスに映りこみ、とても美しい光景となりました偶然写真がガラスに映りこみ、とても美しい光景となりました
当日、カレンダーにサインを頂けることに!当日、カレンダーにサインを頂けることに!

約50人の方にご来場頂いた今回のトークイベント。終わった後のアンケートには、「とにかく旅に出たくなった」という言葉が並びました。「竹沢さんの次回作が今から楽しみ」という方も多く、イベント終了後に行われたサイン会には長蛇の列ができました。

JVCのカレンダーは『見て楽しく、飾って楽しく、そしてそれが国際協力に』をモットーに毎年制作しています。収益はJVCの活動に役立てられます。まるで世界を旅しているような気分になる2015年のカレンダー、皆様もおひとついかがですか。

イベント参加者と筆者(中央)イベント参加者と筆者(中央)

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net