アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2013年12月10日 【 東京事務所の日々

映画『もうひとりの息子』を観ました

会報誌レイアウト・総務担当 細野 純也
2013年12月10日 更新

先日、前から観たいと思っていた映画『もうひとりの息子』を観てきました。シネスイッチ銀座での公開の最終日・最終回で、ギリギリセーフ。


イスラエルの家庭で育ったミュージシャン志望のヨセフ。その十八歳の兵役検査の際の血液検査から、両親の実子ではないことが彼の母親に告げられた。後日、湾岸戦争下の混乱で取り違えられた事実を、病院で相手側のもう一組の夫婦と同席の場で告げられた。そしてその相手はパレスチナ人だった――。

「赤ん坊の取り違え」。映画『もうひとりの息子』は、それが現代のパレスチナ人とイスラエル人との間において起こったら、という物語です。最初は本人を含めて家族みなが驚き、混乱します。その後、彼ら彼女らがその事実にどう向き合っていくかを追います。

若者のアイデンティティ探し、家族に振りかかる困難と克服、異なる他者への寛容...。そうした普遍的とも言えるドラマを、両側の政治的対立、経済的格差、若者の生活観、そしてそれらを象徴するものとしての検問所と分離壁を背景に展開することで、他のケースと少なからず違ったものとして描いていきます。

取り違えられた当人である二人の息子も対照的です。片や友人たちとクラブや浜辺で遊ぶヨセフと、フランスでの大学進学が決まり、卒業後の病院設立を目指す真面目なヤシン。物語上のキャラクターを立たせる、という以外にも、その社会的背景や育った環境の違いを同時に表現しているのでしょう。映画の中では、血(=出自)で決まるものとしていくつかのことも描かれますが、同時にヨセフ自身に「アイデンティティは生まれだけでなく育った環境も大事だよ」とも言わせています。その両者がねじれたとき、当の本人たちがそれをどう受け入れていくのでしょうか。

これは、ドキュメンタリーのように「占領の現実を描く」ものではなく、「カタヒジはらなくても観られるパレスチナ/イスラエル映画」という、ある種珍しいものです。悩みながらも寛容さを示す二人の母親の演技が特に評価されているようですが、長年の政治的背景から逸脱できない世代の象徴としての二人の父親と兄が見せる困惑と悲しさ、それをぎこちなくも乗り越えようとする姿に心を動かされます。

© Rapsodie Production/ Cité Films/ France 3 Cinéma/ Madeleine Films/ SoLo Films

この映画『もうひとりの息子』の上映会場(一部)で販売されているエコバッグは、制作費を除くその売上のすべてがJVCに寄付されます。現在は角川シネマ新宿で公開中。今後も全国で順次上映予定です。お近くの映画館でぜひ!

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net