アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

2013年世界難民の日によせて:
分断され、切り離された人々のあいだで

スーダン事業担当 佐伯 美苗
2013年6月19日 更新

毎年6月20日は「世界難民の日」と、2000年に国連総会で決議されました。

内戦勃発以来、自ら志願して兵隊になる青年も後を絶たない。内戦勃発以来、自ら志願して兵隊になる青年も後を絶たない。

JVCの事業地のひとつ、スーダン・南コルドファンでは2011年6月に再発した紛争がなおやまず、数十万人が影響をこうむっているとされ、多くの住民が自宅と畑を捨てて、避難しています。

ある家族は血縁を頼って州都カドグリへ。別の家族は国境を越えれば「難民キャンプ」というところで食べ物をもらえるらしいと聞いて南スーダンへ。
どちらも空腹を抱え、兵隊に脅えながら山中を夜間歩き通し、数日かけてようやく目的地に到着しました。
もとの村に戻れるのか、自宅や畑はどうなるのか、はぐれた親きょうだいと会えるのか、そして村の人たちと再会できるのか・・・国内に留まっても、国外に出ても、不安な避難生活が待ちうけています。

今回の戦争が起こる前の南コルドファンの村。南コルドファン州では2005年に「前の戦争」が終わり、2006年ころから避難していた人々がようやく戻りはじめ、生活を建て直していたが、2011年に再び内戦に陥った。今回の戦争が起こる前の南コルドファンの村。南コルドファン州では2005年に「前の戦争」が終わり、2006年ころから避難していた人々がようやく戻りはじめ、生活を建て直していたが、2011年に再び内戦に陥った。

このように国内で避難した人と、国外に避難した人のあいだには、互いに音信を交わすすべがないために、不信が育つことがあります。
うわさで「○○にいるらしい」と聞くだけなのに、国外に避難して「難民」として生活する人たちは「裏切り者」と言われ、国内に留まって別の地域で生活を建て直そうとする人たちは「政府支持者」と決めつけられます。
政治に、ましてやこの戦争をやめようとしない人たちに関わりのない市井の人々が、互いに憎悪を募らせる状況は、日本の私たちにもけっして他人事とも思えません。

JVCは、この紛争によって南と北に生き別れた家族、戦争がはじまって以後、消息の分からない隣人の話をたくさん聞きとりました。
カドグリと南スーダンで元は同じ村に住んでいたり、同じ職場で働いていたどうしがそれぞれを罵る言葉を聞くこともありました。

「もし元の村に戻っても、もう一緒にやってくことはできない。きっと追い出してやる。あの村は俺らのものだ。」
けれども、その「俺ら」にはもともとは相手も含まれていたはずなのです。

同じく戦争前のある村に滞在していた折に、婚礼に招かれた一日。村のすべての主婦が集まり、手分けして手際よく料理を用意していた。同じく戦争前のある村に滞在していた折に、婚礼に招かれた一日。村のすべての主婦が集まり、手分けして手際よく料理を用意していた。

難民になる、あるいは国内避難民として暮らす、好んでそうなった人はいません。
戦争が始まるまでは自分の家で自分の畑を耕して、自分の村で暮らしていたのに、よく知らない土地でお金も家財も失ったばかりか、食べ物や台所道具に至るまで他人から貰い、その上、これまで親しくしてきた知人や親戚と分断され、憎悪を互いにいだくようになる。
これはあまり注目されていませんが、難民生活の大きな負の側面であると言えます。
もし速やかに戦争が終結し、国内外に避難している人たちが自分の村に戻ったとしても、 このいわれのない憎悪が育っていたとしたらどうなるでしょうか。

かれらが自分の村に戻って穏やかな暮らしを再開する日を期待し、わたしたちJVCはその日に備えて、避難生活のあいだの支援をするだけでなく、分断された人々のあいだに不信と憎悪の芽が育たないように和解を目指すことも、援助団体として忘れてはならないと考えています。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net