アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【○○さんに聞きました】
アフリカボランティアチームの人に聞きました!

2012年度ホームページインターン 清水 あゆ美
2012年12月28日 更新

「ボランティアチームの人に聞きました!」の第2弾です。第1弾はこちら

今回はアフリカボランティアチームから、伊藤 祐喜(いとう ゆうき)さんにお話を伺いました。(インタビュー時12月18日)

伊藤さんインタビュー

アフリカボランティアチームの伊藤さんアフリカボランティアチームの伊藤さん

―ボランティアやNGOに興味を持ったきっかけは?
伊藤さん「中学生くらいのころ、家族の影響で難民とかの番組をよくテレビで見ていた。大変な人たちがいるということを知って、国際協力の分野に興味を持ち始めました。でも、国際協力=国連などの大きい団体しか知らなく、一流大学ということで一度あきらめました。福祉の仕事に興味があったので、大学卒業後、介護士として5年ほど働きました。しかし、二十代後半になったときに、頭の中にあった国際協力をもう一度やりたいなと思い、NGOなどを探し、イベントやセミナーに参加しはじめました。そこでJVCを知ったんです。」

【東京事務所の日々】
嬉しい再会@南アフリカ

南アフリカ事業担当 渡辺 直子
2012年12月11日 更新

11月11日から12月3日まで、南アフリカ現地に出張に行ってきました。

JVCが南アフリカでHIV/エイズに関する活動を始めたばかりの2005年に出会ったデンゼル君。当時ご両親はすでに亡くなり、お姉さんやその子どもたちと、木枠にプラスチックシートを貼っただけの簡素な家に暮らしていました。それでも当時14歳だった彼はJVCが行う家庭菜園研修に参加して熱心に頑張っていて、大人顔負けの菜園をつくっていました。

当時「将来は(当時研修トレーナーの)ジョンのようになって、子どもたちがちゃんとご飯を食べられるような社会をつくりたいんだ」と夢を語ってくれていました。研修開始当初、悲しそうな表情をした少年が、研修を経るにつれて笑顔を見せるようになってくれたことを今でも覚えています。

当時のデンゼル君当時のデンゼル君

しかしその後、JVCが当時の活動地を離れてまもなく、デンゼル君は家を出てしまい消息がわからなくなっていました。

後に、学校も辞めてしまい、乗り合いタクシーの運転手の手伝いをしていると噂に聞き、彼の村のそばを通るたびに気になっていました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net