アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

【東京事務所の日々】
キャンドルでパレスチナ料理

事務局長 清水 俊弘
2010年6月23日 更新

6月19日、山梨は穴山の我が家に隣接するお店「おちゃのじかん」で毎年恒例のキャンドル & 蛍 ナイトを開催しました。
今年は、特別ゲストとしてパレスチナ事業担当の藤屋を招き、パレスチナ料理を食べながら、電気のない暮らしが日常化しているパレスチナのことを勉強するという企画にしました。

RIMG0642.jpgRIMG0642.jpg

*写真:藤屋の話に熱心に耳を傾ける参加者。パレスチナの話を聞くのは初めてという人が多かったです。

RIMG0661.jpg RIMG0657.jpgRIMG0657.jpg

*写真:話の後は、ロウソクの明かりでパレスチナ料理を楽しみました。もちろん今年も蛍がばっちり見れました。


翌日の20日は、穴山の公民館をお借りして、地元の皆さんと料理教室を開催。皆さん、パレスチナ料理に興味津々。普段は難しい紛争地としてのイメージが強い、この地域に暮らす人々の苦難や生活の工夫も学ぶ機会となりました。

この企画は地域の女性が担う食生活改善推進委員会のご協力をいただいて開催したのですが、パレスチナの女性がやっているグループ貯金による助け合いの話が出ると、山梨では今も行われている無尽というグループ貯金の話と重なり、互いの共通点で盛り上がる場面もありました。

RIMG0683.jpg RIMG0697.jpgRIMG0697.jpg

*写真:今回のメニューは「マックルーべ」という鶏肉と野菜を鍋の底に敷き詰めて炊く、炊き込みご飯とおなじみのアラビックサラダ。おまけは、我が家の庭に実った木の実を使ったルッコラのサラダ。

RIMG0701.jpg RIMG0712.jpgRIMG0712.jpg

*写真:完成した料理を皆で試食。これは簡単にできて美味しいと評判でした。

RIMG0713.jpgRIMG0713.jpg

*写真:食べた後は、皆で勉強。初めて聞くパレスチナの話に驚きを交えて聞き入っていました。

様々なイベントが溢れている東京とは違い、普段このような話を聞く機会のない穴山なので、これからもこのような企画を考えていきたいと思います。
もし、会員の皆さんの地元でこんな感じのイベントをやりたいという希望がありましたら遠慮なくご提案ください。各国取り揃えてお待ちしています!

【東京事務所の日々】
6月20日は「世界難民の日」です。JVCは…

スーダン事業担当 佐伯 美苗
2010年6月18日 更新

わたしたち日本国際ボランティアセンター(JVC)は、30年前、タイの難民キャンプでその一歩を踏み出しました。

名称未設定-1

カンボジア、ラオス、ベトナムからキャンプに身を寄せた人びとを支える活動は、それぞれの国に残った人々のくらしを建て直し、難民を出さない村づくりの活動へと広がってゆきました。インドシナでの支援活動を受けて、国内でも定住難民への生活を家庭訪問などで支えてきました。

現在、JVCは世界9ヶ国で、人道支援、開発支援のプロジェクトを展開していますが、ここには、萌芽期からJVCが重視していた「困難な状況にありながらも、自ら改善しようとする人々を支援する」という姿勢が貫かれています。

これまで、「世界難民の日」は難民への支援を続けよう、増やそう、という日としてのみ捉えられてきました。

しかし、今年は日本で第三国定住プログラムが本格始動する年でもあります。遠い地の人々を支えるだけではなく、私たちは、「難民」にならざるを得なかった人々と、生活の場で向き合うことになります。世界難民の日は、わたしたちが当事者となったことに気づかせてくれる日になったのだと思います。

ご存知ですか?
今日の日付「6月16日」は南アフリカにとって大きな意味がある日です。

今から34年前の1976年6月16日、白人系の言語が教育に導入されることに抗議して、ジョハネスブルグ近郊の黒人居住区「ソウェト」で高校生たちがデモを行いました。
彼らに対し警察隊が発砲。13歳の少年をはじめ多数が死傷し、南アフリカ全土の騒乱に発展したのです。
この「ソウェト蜂起」を機に国内では黒人がアパルトヘイト抵抗の意識を強め、また国外では、アパルトヘイトを推進する南ア政府への非難が高まりました。

6月16日が「アパルトヘイトの終わりの始まり」の日であった、表現されることもあります。

さきほど南ア駐在のスタッフからメール。
「今日こちらは『ソウェト蜂起』を記念して、今は『ユースデー』として祝日です。これから(スタッフの)ドゥドゥの親戚の集まりに参加させてもらいます。」

ワールドカップの最中であっても、忘れられることのない大切な日のようです。

写真は現在のソウェト

ソウェトソウェト

★ソウェトでのJVCの活動はこちら

【イベント&講演】
会員総会を開催しました。

広報担当 広瀬 哲子
2010年6月14日 更新

 6月12日、JVCの会員総会が行われました。2009年度の報告、2010年度の計画を会員の皆さんに議決いただく場です。予定の3時間をオーバーする活発な議論・質問が交わされました。

総会総会

 今年嬉しく思ったのは、例年以上に多く「提案」をいただいたこと。
「ガザ支援船の拿捕は憤りを感じる。JVCはいろいろなアドボカシーをしているが、組織としてアドボカシーのテーマをもっと集中させてはどうか」
「新潟から来ました。もっと地方とのつながりを深めてほしいです」
「HPに有料コンテンツを掲載して資金調達をしてはどう?」
そして、「支援の輪を広げていくためにもっと会員にできることがある。遠慮せず会員に呼び掛けてほしい」という力強い言葉も。
JVC代表谷山博史JVC代表谷山博史

 今JVCでは、会計のアカウンタビリティなど組織体制の改善を進めています。「それと同時に、『意思を持った個人の共同体』というNGO本来のスタンスを忘れずにいたい」と代表の谷山(上写真)が挨拶。
 30年目のJVC。関わる全ての人が意見を出し合って組織をつくるという姿勢は1980年の設立当初から変わっていません。
 まだ会員でない方は、来年の会員総会でJVCの意思決定に参加しませんか?お待ちしています。

◎「会員」についてはこちらをご覧ください。


★午後の企画「レシャード・カレッド医師講演 アフガニスタンと日本、命を支える現場から」は追ってご報告します。

事務局長の清水です。
先日4年ぶりにアフガニスタンに出張してきました。
いい機会なので、山梨の自宅の庭で近所の人やお店(妻の営むカフェ「おちゃのじかん」)に来る人などを対象に報告会を開いてみました。
アフガン風に、外で座ってお茶を飲みながらというラフなスタイルで。

おちゃのじかんおちゃのじかん

参加者は子ども含めて20人くらい。
皆さん、普段アフガニスタンの話を聞くこともないので、
気候のことや食べ物のことなど興味津々でした。
もちろん、JVCの医療活動のことや活動をとりまく政治状況についても理解を深めてもらいました。(と、思います...。)

人に自分の思いを伝えることはとても難しい。特に私は思いを言葉にすることに非常に苦労する。

5月29日、「東北タイの農村から暮らしをまなぶ」というテーマで報告会と料理会を開催した。前日は緊張で熟睡できずに当日になる。「報告会準備は完璧!!」と周りのスタッフに言っては、不安で仕方がなかった。

迎えた当日、知り合いの人たちがたくさん来てくれた。タイの農村の様子を写真を交えながら参加者の方々に伝えた。農村で力強く生きる人々、頑張っている人々を伝えることで、私たちもこの日本で一緒に頑張っていこうよ、と最終的に言いたかったが緊張でうまく伝えられたかどうか。

タイでの活動は過去の現地便りをお読みください。)

報告会が終わり、タイ料理会に移った。東北タイの代表的な料理の「パパイヤサラダ」、「ラープ(ひき肉の和え物)」を作った。わいわいがやがや、終始笑い声は絶えず、日本料理とは違ったタイのエスニックな味を楽しんだ。

タイ料理を楽しむ参加者 ←タイ料理を楽しむ参加者

料理を一緒に作り、食べることによって参加者同士の交流にもつながり、報告会は笑顔で終了した。

報告の最後に「同じ目標を持った仲間を持ちたい」と伝えた。何をするにも一人ではくじけてしまう。今後、JVCタイの活動を行なう中でたくさんの仲間をつくっていきたい。今回の報告会もその出会いの場の一つだ。参加していただいた方、ありがとうございました!

最後に、今回の報告会と料理会は私一人ではなく、タイボランティアチームと一緒に作っていった。会場設営、料理準備などボランティアチームのすごさを改めて感じた。タイボランティアチームのみなさん!コップクンカー(タイ語でありがとうの意味)


【東京事務所の日々】
南アフリカのかわいい雑貨たち

広報担当 広瀬 哲子
2010年6月 3日 更新

ツイッターでも紹介しましたが、南アフリカからビーズでできたストラップが届きました!
ワールドカップを意識した(?)サッカーユニフォームや、スカートの女の子、羽がついた天使もあります。う~ん、どれを買うか迷う!

RIMG1890.jpg RIMG1884.jpgRIMG1884.jpg

これらを作っているのはHIV陽性者のグループ。購入することで彼らをサポートすることができます。
500円で販売します。

様々な民族衣装をまとったお人形も人気です。
南アフリカにはたくさんの民族があるのが分かりますね。それぞれ髪型も違うんですよ。
高さはお部屋のアクセントにちょうどいい23センチ。1800円での販売です。
表情が一つ一つ微妙~に違うのが魅力。
南アのシングルマザーの方たちの手作りで、あたたかさが伝わるお人形です。

人形集合s人形集合s

6月12日(土)・13日(日)に開かれるアフリカンフェスタで販売いたしますので、ぜひお越しください。
珍しいアフリカ料理もいろいろ味わえる楽しいイベント。お待ちしています!

 前南アフリカ現地代表の津山直子が、今年南アフリカで行われるFIFAワールドカップに先駆け、5月29日にJICA地球ひろばで話をしました(JICA地球ひろば主催)。セミナーには約50人が参加し、みなさん熱心に津山の言葉に耳を傾けていました。

津山直子津山直子

会場会場

 日本では、南アフリカは治安が悪い国という一面が強く報道されています。しかし、長年南アフリカに関わってきた津山は、「南アフリカは人々の歌、笑顔、そして青い空が素晴らしい、とても良い国なんです!」と現地の写真を紹介しました。特に南アフリカの人々の歌は強い力を持っていて、アパルトヘイト下では、彼らの歌声が銃を持つ白人を怯えさせるほどであったといいます。
カラ地区カラ地区

 南アフリカでは、1991年にアパルトヘイト関連法が撤廃されました。しかし、アパルトヘイトが撤廃された今も、南アフリカの人々の心に大きなわだかまりを残しました。その一つが、自信の喪失です。アパルトヘイト時代、人々の行動は厳しく制限され、人権も著しく侵害されていました。そのため、自由になった今でも、自信を持てない人々が数多くいるそうです。だからこそ、人々にとって誇りや自信につながる支援が必要だといいます。
 
 津山の好きな言葉で、"Phambili"(パンビリ)という言葉があります。この言葉は日本語で、"前進する"という意味です。JVCの活動で南アフリカに関わり、持続的な農業やHIVの予防啓発活動を行ってきた津山は、南アフリカの人々に関わるにあたり、"南アフリカの人々と一緒に学び合う、分かち合う、助け合う、成長しあう、希望や夢を共有する姿勢"が重要で、私たち自身も前進していく必要があると話しました。最後に、「単発の支援は長続きしない。時間をかけて作ったものほど長く続く。(ワールドカップを機に)南アフリカについて、改めてみなさんに考えていただきたい」と、津山は参加者に呼びかけました。

南アフリカ自然農業支援2南アフリカ自然農業支援2

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net