アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 東京事務所スタッフ日記
現地ブログ from 東京事務所

東京事務所スタッフ日記

JVC東京事務所スタッフが、国内のイベントの様子や事務所での出来事の様子をお伝えします。

【スタッフインタビュー2018】
スタッフインタビュー2018 第1回:
ラオス現地調整員 山室良平

2018年度広報インターン 藤井 里彩 2018年度HP更新インターン 石塚 花音
2018年10月25日 更新

こんにちは!2018年度広報インターンの藤井です。

笑顔でインタビューに応じてくれた山室さん。右手のミサンガのようなものはラオスの儀式でつけてもらったものだそう。笑顔でインタビューに応じてくれた山室さん。右手のミサンガのようなものはラオスの儀式でつけてもらったものだそう。

2015年に始まった「スタッフインタビュー」ですが、あれから3年経った今、スタッフの顔ぶれも少しづつ変わってきました。そこで本年度は「スタッフインタビュー続編」ということで、新しいスタッフにインタビューしていきたいと思います。どうしてNGOで働くことを選んだのか、また身近でしか知ることのできない意外な一面を記事にまとめ随時更新していきますのでどうぞお楽しみに!

さて、記念すべき2018年度第1回目はラオス事業現地駐在員の山室良平さんです。フルタイム雇用の経験なしでNGOに入ったという異色の経歴の持ち主。一見国際協力一筋!と硬い印象を受けますが実はお茶目な一面もあるのです。2016年にJVCに入職し、現在ラオス駐在3年目に入ったところです。一時帰国した際にたくさんお話を伺いました!

横山さんと。清水さんが撮影してくれました。横山さんと。清水さんが撮影してくれました。

こんにちは、インターンの石塚です。
JVC副代表の清水俊弘さんと南相馬事業担当の横山さんと気仙沼の見学へ行ってきました。それは10月13日に山梨県韮崎市穴山町で行われる「穴山町サンマ祭り」の報告会のための視察の為です。

「サンマ祭り」とは今年で6回目となるイベントで、時間の経過とともに震災への関心が薄れていく中、震災を忘れないように気仙沼のさんまを食べながら被災地の現状を知り、これからの暮らしについて考えようというものです。詳しくはこちらをご覧ください。

今回の視察を通してベテランNGO職員の二人から学んできたJVCの気仙沼支援について、またこれからの暮らしについて書きたいと思います。そして今年で7年がたつ東日本大震災を振り返り、これからの災害への向き合い方について考えたいと思います。

ニュースに出ない「現場の生」の声

2018年度HP更新インターン 石塚 花音
2018年8月 3日 更新

こんにちは、そしてはじめまして!
2018年度ホームページインターンの石塚です。皆さんが目にするウェブ記事の更新を担当しています。1年間よろしくお願いします。

JVCでは7月からガザでの人道危機支援を始めました。その際に現地スタッフが見聞きしたニュースでは見られない現場の生の声を伝えます。この記事を見てくださっている方は少なからず人道支援やパレスチナに関心がある方ではないでしょうか。ガザの人がどのような状況なのか、また何を求めているか。想像する1つのきっかけとなればと思います。

現地スタッフ山村さん(写真右側の女性)の聞き取りの様子です。現地スタッフ山村さん(写真右側の女性)の聞き取りの様子です。

映画『ガザの美容室』上映イベントレポート

2018年度パレスチナインターン 大川 梨恵
2018年7月19日 更新

こんにちは、パレスチナ事業インターンの大川です。
7月9日に渋谷の映画館「アップリンク」で行われた、映画『ガザの美容室』上映イベントに行って来ました。このイベントでは、上映後に、JVCパレスチナ事業担当の並木によるトークイベントも行われました。

映画の概要は、以下の通りです。

パレスチナ自治区、ガザ。
クリスティンが経営する美容室は、女性客でにぎわっている。離婚調停中の主婦、ヒジャブを被った信心深い女性、結婚を控えた若い娘、出産間近の妊婦。みんなそれぞれ四方山話に興じ、午後の時間を過ごしていた。しかし通りの向こうで銃が発砲され、美容室は戦火の中に取り残される。

映画『ガザの美容室』公式サイトより)

モスクとはイスラム教の礼拝堂のことで、東京ジャーミーは2000年に開館した日本最大と言われているモスクです。天井のドームや先が尖った塔(ミナレット)が特徴的なイスラム建築で建てられています。

ドーム内の様子。模様とステンドガラスがきれいですドーム内の様子。模様とステンドガラスがきれいです
ミナレット。東京なのにアラブ圏に迷い込んだようです。ミナレット。東京なのにアラブ圏に迷い込んだようです。

東京ジャーミーではラマダン期間中に断食明けの食事を共に楽しむイフタール会を開いていて、ムスリム以外の人でも参加することができます。JVCはイスラム圏でも活動していますし、イスラムのことを知るいい機会なので参加してきました。

実は、この後ろの方で子どもたちが遊んでいました。笑実は、この後ろの方で子どもたちが遊んでいました。笑

こんにちは!パレスチナ事業インターンの勅使河原です。

5月26日に聖心女子大学の聖心グローバルプラザ「Be*hive」で、「体験会&トーク:難民が受け継ぐパレスチナ刺繍」というワークショップを開催しました。

参加者は女性が大多数! 左はパレスチナ事業担当並木参加者は女性が大多数! 左はパレスチナ事業担当並木

このワークショップは5月19日から6月6日まで開催していた「587万分の4人、パレスチナからのメッセージ〜世界最多の難民の、数字では見えない現在を知る〜」に合わせて行われました。写真展のテーマであった「パレスチナ難民」が受け継いできたパレスチナ刺繍を体験してみよう!という目的のイベントです。

JVCには平日の日中に行われている事務ボランティアの他に、主に平日の夜に集まっている国別のボランティアチームがあります。JVCの活動を国内で支える大切な存在で、楽しく国際協力できる大人のサークル活動のような場です。

今日はタイボランティアチーム(以下タイチーム)を紹介します。タイチームは毎週木曜日、19時半頃から集まっています。主に事務所での活動ですが、年に数回暑気払いや忘年会、新年会ではタイ料理屋にも足を運んでいます。

タイチームのメンバー。みんなタイが大好き!タイチームのメンバー。みんなタイが大好き!

この記事は2017年度インターンが3月に作成したものです。

---------------------------------------------------------------------------------

こんにちは、ホームページ分析インターンの佐藤です。

先日、3月17日に、私たちが企画をした「考えることからはじめよう ~格差ってなんだろう?~」新・貿易ゲームワークショップイベントを開催しました。
3月で1年間のインターンを修了する私たちにとって、インターンとしてイベント企画をするのは、これで最後。人が集まるか、参加者の学びに繋がるかなど、さまざまな不安を抱えながら当日を迎えました。

結果、目標の12名を超える13名の方にご参加いただき、ゲームも盛り上がってイベントは大成功!
たくさんの方から「楽しかった」「考えるきっかけになった」とのお声をいただきました。

【イベント&講演】
『シリア人の声をつなぐ』シンポジウムに参加して

JVC 英語ボランティアチーム 水谷 直子
2018年4月26日 更新

JVCも参加している「シリア和平ネットワーク」では、3月24日に「『シリア人の声をつなぐ』―危機発生から七年、私達に求められる役割―」というイベントを主催しました。当日の会場の様子や感想を、JVCのボランティアがまとめたのでご紹介します。

会場の様子会場の様子

はじめまして。ホームページ分析インターンの佐藤泉未です。一年間ウェブに携わってきたものの、自分でこうして記事を書いてみるのは初めてで、とても緊張しています...。

私も、これまでのインターンのブログに続き、どんな一年間だったのかをご紹介したいと思います。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net