アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 東京事務所スタッフ日記
現地ブログ from 東京事務所

東京事務所スタッフ日記

JVC東京事務所スタッフが、国内のイベントの様子や事務所での出来事の様子をお伝えします。
いつも丁寧に分かりやすくお話をしてくださる今井さんいつも丁寧に分かりやすくお話をしてくださる今井さん

みなさんこんにちは。2016年度広報インターンの神矢紀よ実です。スタッフインタビュー2016・2回目は、人道支援/平和構築マネージャーで、南スーダン緊急支援担当の今井高樹さんです。

今井さんは16年12月までスーダン事業現地代表として約10年!スーダンを拠点に活動されていましたが、この1月からは拠点を東京に移し、人道支援/平和構築グループのマネージャーとして、全体を統括されています。とはいえ今(17年3月)も今井さんは南スーダン・ジュバで緊急支援活動を行っており、現場の最前線にいらっしゃることには変わりありません。新聞やTV、ラジオなどにも多く出演されている今井さん、気になる方も多いのではないでしょうか!色々お話を伺いたいと思います。

春分の日の頃、アフガニスタンでは新しい年(新春)を迎えました。現地の暦では、今年は1396年です。お正月は「新しい」を意味するナウ(naw)と、「日」を意味するローズ(ruz)で「ナウローズ」と呼ばれ、人々が家族で集ってお祝いをする大事なイベントです。

この機会に、日本ではなかなか体験できないアフガ二スタンのお正月料理を楽しみ、その豊かな文化に触れるという趣旨で、ボランティアチームが料理イベントを企画し、準備から全てを担ってくれました。現地の人と相談して本格的なメニューを考えたり、実際の料理指導をしてくれたのも、中央アジアの国々の料理研究家でもあるボランティアチームのメンバーです!

JVCアフガニスタンのボランティアのメンバーJVCアフガニスタンのボランティアのメンバー

【イベント&講演】
【パレスチナ・イベント報告】共生への轍

2016会計インターン 田中達也
2017年3月24日 更新
モロッコ系ユダヤ移民について説明する井川氏モロッコ系ユダヤ移民について説明する井川氏

2016年度会計インターンの田中です。

3月22日「パレスチナ・イスラエルでアラブ系ユダヤ人が架け橋になれる日まで」と題したイベントが開かれました。
前半部では、ユダヤ教にルーツを持つ井川氏と、イスラエルの入植政策を研究している戸澤氏がプレゼンを行い、後半部では来場者による質問を受けました。

【スタッフインタビュー2016】
スタッフインタビュー2016第1回:
パレスチナ現地調整員 山村順子

2016広報インターン 神矢紀よ実 2016広報インターン 田中 春音
2017年3月23日 更新
いつも明るくチャーミングな笑顔の山村さんいつも明るくチャーミングな笑顔の山村さん

みなさんこんにちは。2016年度広報インターンの田中春音と神矢紀よ実です。インターン卒業間近ですが、2015年度広報インターンに引き続き、スタッフインタビューをお届けしたいと思います。
(2015年度インタビュー全20回はこちらからお読みいただけます)

今回は、2016年度に新しくJVCに入った山村さん、現地駐在から東京事務所勤務になった今井さんにインタビューを実施し、記事にまとめました。記事を通してさらに「JVCで働く人たち」を知っていただければ幸いです。

来年のJVC国際協力カレンダーは
長倉洋海さんです

カレンダー事務局 仁茂田 房枝
2017年3月23日 更新
たくさんある作品の中から選んでいきます。どれも素敵な写真で、しぼるのも大変です。たくさんある作品の中から選んでいきます。どれも素敵な写真で、しぼるのも大変です。

カレンダー事務局の仁茂田です。1月に入職いたしました新スタッフです。この記事を読んでくださっている方にははじめましての方も多いかと思います。これからどうぞよろしくお願いいたします。

掲示は12日まで掲示は12日まで

昨日、銀座ソニービルに行ってきました。どうしてもこの目で確認したいものがあったからです。

縦に長いこの広告の赤線は16.7mのライン、2011年3月11日に岩手県大船渡市で観測された津波の高さです。広告には次のように書かれています。

「3月11日、この日があるたび、私たちはあのときのことを振りかえる。東日本大震災から、早くも6年が経った。災害なんて、もう起きるな。毎年のように私たちはそう思うけれど、災害はいつかまた、たぶん、いや確実に起きてしまうだろう。あの日、岩手県大船渡市で観測された津波は、最高16.7m。もしも、ここ銀座の真ん中に来ていたら、ちょうどこの高さ。想像よりも、ずっと高いと感じたはず。でも、この高さを知っているだけで、とれる行動は変わる。そう、私たちは、今、備えることができる。被災した人たちの記憶に想像力をもらい、知恵を蓄えることができる。あの日を忘れない。それが、一番の防災。ヤフーはそう思います。」

周りにいる人の高さとの比較で分かりやすいと思いますが、実際の赤いラインの高さには、本当にハッとします。16.7m、改めて、凄まじい高さです。

3月11日、皆それぞれ、様々な想いを持つ1日になることと思います。多くの犠牲があったこと、これからもこの記憶とともにそれぞれが生きていくこと、経験を生かして、備えること。私もこの国に暮らす1人として、真剣に向き合っていきたいと思います。

※こちらもどうぞ。個人的にじっくり読んだ2つです(外部リンク)。

「今日は2011年3月11日かもしれない。」
2011年3月10日のツイートのまとめ。そこにはただの日常があふれています。
"なんでもない日常のすぐ先に、非日常はある"・・・本当にそのとおりだと思います。

「震災の日、広告代理店で働いていた。」
とあるクリエイターの方の、当時の記録です。
「ちょうど納品を控えていた夏に掲出予定のポスターに、波が描かれていました。波が人物を包み込む様なデザインでした。ぼくに出来る事は、そのデザインを差し替える作業だけ。こんな事しかできないのか、こんな事をしてていいのか、そう思いながらした修正作業はとても時間がかかりました。」

2017年2月より、カレンダー事業担当の橋本がスーダン現地駐在に異動、現地に赴任しています。

JVC東京事務所恒例「花道」でお見送り~JVC東京事務所恒例「花道」でお見送り~

JVCは2011年から宮城県気仙沼市で活動しています。 震災から約6年が経過し、高台移転による住宅再建や災害公営住宅の建設が進む一方で、未だ多くの人々が仮設住宅などで不便な暮らしを送りながら復興に向け進んでいます。

広報インターンパレスチナへ行く
~事業視察と聖地観光~

2016広報インターン 田中 春音
2017年1月23日 更新
白の石畳の建物がヨーロッパのような 雰囲気が漂うエルサレム旧市街白の石畳の建物がヨーロッパのような 雰囲気が漂うエルサレム旧市街

みなさん、こんにちは。今年度広報インターンのホームページを担当している田中春音です。1年間のインターンも残りわずかとなってきました。

今回で記事を書くのは、二回目になります。(前回の記事はこちら)実は、11月にパレスチナへ1週間行ってきました。今回、嬉しいことに、現在調整員としてパレスチナにいる並木さんや、元JVCイラクインターンだった渡辺さん、現地代表の金子さんにも案内して頂きました。

最近では中東の問題についてメディアで報じることも多々あるからでしょうか、私がパレスチナに行くと伝えると、周りの人たちに、大丈夫なの?!と心配されることもありました。確かに私はアラビア語を喋れないし、NGO職員や国連スタッフでもなく、ただの学生ですが、私自身はそんなに構えておらず、普通に海外旅行に行きたいと思うのと同じような気持ちでした。自分がつくったイメージや、ニュースなどメディアの情報で、判断するのではなく、自分で実際に行き、そこに生活をしている人々をみたいという思いがありました。色々と複雑な問題はありますが、別に特別な理由がなくたって行きたいと思えば行ける、そんなところ行けるの?ではなく、あぁパレスチナか、いいね~って思える魅力的な場所だなと思いました。もちろん、海外に行くので、少しの緊張はありましたが、それ以上に初めてのパレスチナに行くことをとても楽しみにしていました。

さて、冬になると寒いと聞くパレスチナですが、私が行っている間は、比較的暖かく、天気にはとても恵まれた1週間でした。JVCが関わっている事業現場や、観光、チャーミングなアラブのおじさんなど1週間の滞在でわかったことをお伝えしたいと思います。

11月30日(水)に、「マンスリー支援者のつどい:現地駐在員による活動報告(パレスチナ)」を開催しました。JVCをマンスリー募金を通じて支えてくださっている方を対象に実施したもので、早いもので3回目の開催となりました。

今回は、パレスチナから一時帰国中の現地事務所代表・金子が登壇。メディア取材を受けることも多いスタッフなので、どこかで目にしたことのある方もいるかもしれません。最近では中学校社会科用教科書「公民」にも掲載されています。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net