アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

仮設住宅の、井戸端ならぬ"集積所端"会議

震災支援担当/ アフガニスタン事業担当 谷山 由子
2014年6月20日 更新

風薫る、5月。南相馬の、寒くもなく、暑くもない、過ごしやすい季節を迎えたある日。つながっペ南相馬とサロンを運営している、鹿島区の西町第一仮設住宅を訪れた。

西町第一仮設住宅は、区役所や復興商店街から近く比較的便利な場所に位置しているので、散歩を楽しむ人も多い。集会所前に車を置き、いつものように入り口に向かおうとすると、仮設住宅の奥の方からサロン管理者の松本さんが手押し車を押すご婦人二人とゆっくり、ゆっくり、歩いてくる。

サロンに来るのかな、と思って見ていると、途中にあるゴミ集積所の脇で止まり、どっこらしょっと声が聞こえてくるような仕草でお二人と一緒にベンチに腰を掛けた。

松本さん:「Tさん、サロンに行かないの?」
Tさん:「あんまり行ったこと無い。いいんだ、ここで。」
松本さん:「確か、お孫さん、東京の方に行ってんだよね。」
Tさん:「良く知ってるね。そう、この4月に千葉県の松戸市に就職したの。」
谷山:「そうなの、よかったね。」

屈託ないやりとりに、気がつくと私も自然に仲間入りしている。

きれいに掃除された集積所端では、<br/>おしゃべりにも花が咲く。<br/>写真右がサロン管理者の松本さんきれいに掃除された集積所端では、
おしゃべりにも花が咲く。
写真右がサロン管理者の松本さん

【南相馬日記(雑誌『オルタ』掲載)】
臨時災害放送局の試練 - 南相馬通信3

震災支援担当/ アフガニスタン事業担当 谷山 由子
2014年6月13日 更新

「こちら、臨時災害放送局、南相馬ひばりエフエムです。」

毎朝9時になると聞こえてくるラジオの声。「ああ、今日も一日がんばろう」、スタジオにいるいつの頃からかマイクの前に座る声の主を思い浮かべながら、その日の予定を確認するのが南相馬での日課になった。月曜日から金曜日までの朝9時、昼の12時、夕方5時からの生放送で市内の情報や放射線量のモニタリング結果を、フリートークを交えながら生放送するほか、放射能に関する相談番組など自主制作番組や他局の番組を組み合わせ放送しているのが他局とひと味違う。している。2年前JVCも応援しの開局されて以来、紆余曲折を経ながらも着実に歩みを進めてんできた、JVCもずっと応援してきた臨時災害放送ラジオ局。そのラジオ局が、いま新たな試練を迎えている。

南相馬市役所の中にあるひばりFMのスタジオ南相馬市役所の中にあるひばりFMのスタジオ
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net