アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 南相馬日記 >
  • ひばりエフエムの英語番組 "CommuniKate" 第8回目の収録をのぞいてきました
2013年7月17日

ひばりエフエムの英語番組 "CommuniKate" 第8回目の収録をのぞいてきました

震災支援担当/ アフガニスタン事業担当 谷山 由子
2013年8月19日 更新
英語の番組CommuniKate収録の様子英語の番組CommuniKate収録の様子

南相馬市の臨時災害放送局、ひばりエフエムには、JVCが立ち上げに関わりスタートした英語の番組"CommuniKate(コミュニ・ケイト)"があります。放送時間は、金曜日の夜10時半からの30分間です。7月の17日に、第8回目の収録が行われ、私もそこに参加してきました。

今年4月5日から始まったこの番組のタイトル"コミュニ・ケイト"は、心を通じ合わせるという意味の"コミュニケート"とパーソナリティのケイト・オバーグさん(米国出身)の名前をもじってつけられました。ケイトさんは米国オレゴン州ペンドルトンの出身で、7年前から南相馬との縁が始まったそうです。当時高校生だったケイトさんは、交換留学生として初めて来日し、数ヶ月南相馬市に滞在しました。

パーソナリティのケイト・オバーグさん(米国出身)パーソナリティのケイト・オバーグさん(米国出身)

初めはホームシックになって何度も米国に帰りたいと思ったそうですが、少しずつ友達が増えホストファミリーとも家族のように触れ合うようになり、南相馬が大好きになっていったそうです。その南相馬が地震で被害に遭ったと聞いたとき、いてもたってもいられず地元のペンドルトンで募金集めをし、ボランティア活動のためにふたたび南相馬にもどることを決めました。

この番組を始めるきっかけは、ひばりエフエムのメンバーが南相馬に暮らす外国の方のインタビューをしたことでした。"ラジオを通じて、南相馬の今を世界に伝えよう"そして"南相馬で英会話に興味がある皆さんに、わかりやすい放送にしよう"という思いが、ケイトさん、JVCそしてひばりエフエムのメンバーの思いと重なり、番組の開始となりました。番組は、サイマルラジオを通じて世界に発信されます。南相馬のみなさんに向けても、一部通訳をまじえて放送しているので聞きやすい内容になっていると思います。

番組『CommuniKate』収録の様子英語の番組『CommuniKate』収録の様子

7月17日は、事前に、番組のパートナーで南相馬市民の加藤浩さんが用意したゲストのインタビューをはさんで、解説やフリートーク、イベント情報を収録しました。その中で、まもなく開かれる相馬野馬追の話題を取り上げたり、夏休みにはどこにいくのかといった日常の様子をエピソードを交えながら伝え、そこに暮らす人たちの思いや様子を伝える番組づくりを心がけていました。

一度、ぜひ聴いてみてください。

CommuniKateは南相馬ひばりFMでの放送以外にサイマルラジオとFaceBookのコミュニティページで聞くことができます。

  • サイマルラジオ(「東北エリア」の「南相馬ひばりFM」をクリック)のページはこちら。
  • FaceBookのページはこちら。
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net