アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ひばりエフエムの英語番組 "CommuniKate" 第8回目の収録をのぞいてきました

震災支援担当/ アフガニスタン事業担当 谷山 由子
2013年8月19日 更新
英語の番組CommuniKate収録の様子英語の番組CommuniKate収録の様子

南相馬市の臨時災害放送局、ひばりエフエムには、JVCが立ち上げに関わりスタートした英語の番組"CommuniKate(コミュニ・ケイト)"があります。放送時間は、金曜日の夜10時半からの30分間です。7月の17日に、第8回目の収録が行われ、私もそこに参加してきました。

今年4月5日から始まったこの番組のタイトル"コミュニ・ケイト"は、心を通じ合わせるという意味の"コミュニケート"とパーソナリティのケイト・オバーグさん(米国出身)の名前をもじってつけられました。ケイトさんは米国オレゴン州ペンドルトンの出身で、7年前から南相馬との縁が始まったそうです。当時高校生だったケイトさんは、交換留学生として初めて来日し、数ヶ月南相馬市に滞在しました。

パーソナリティのケイト・オバーグさん(米国出身)パーソナリティのケイト・オバーグさん(米国出身)

初めはホームシックになって何度も米国に帰りたいと思ったそうですが、少しずつ友達が増えホストファミリーとも家族のように触れ合うようになり、南相馬が大好きになっていったそうです。その南相馬が地震で被害に遭ったと聞いたとき、いてもたってもいられず地元のペンドルトンで募金集めをし、ボランティア活動のためにふたたび南相馬にもどることを決めました。

「福島の有機農家からお話を聞く会」報告

震災支援担当 白川 徹
2013年8月13日 更新
下北沢にある「ふくしまオルガン堂下北沢」下北沢にある「ふくしまオルガン堂下北沢」

七月中旬、東京下北沢にある「ふくしまオルガン堂下北沢」で、JVC福島担当谷山由子を聞き手に、福島県二本松市の有機農家・菅野正寿(すげのせいじ)さんのお話を聞く会が開かれました。

「ふくしまオルガン堂下北沢」は福島の有機野菜をふんだんに使ったオーガニックカフェ兼産直販売所。福島有機農業ネットワークが今年の3月に福島と首都圏の架け橋になれば、と開きました。

会は「TALK&LUNCH」と名付けられ、福島の野菜をふんだんにつかったカレーが出されました。美味しいランチを味わった後、菅野さんの話が始まりました。

福島の野菜がたくさん入ったカレー福島の野菜がたくさん入ったカレー

仮設住宅のみなさんと石巻に行ってきました。

震災支援担当/ アフガニスタン事業担当 谷山 由子
2013年8月 5日 更新
バス旅行を楽しむ参加者バス旅行を楽しむ参加者

7月というのに長袖が必要なほど涼しい朝8時、集合場所のサンライフ南相馬駐車場には既にマイクロバスが待機していました。この日は、仮設住宅で常設サロンを運営していているつながっぺ南相馬が企画した石巻ツアーの日です。仮設住宅に暮らす旧警戒区域の小高区や津波の被害に遭った原町区、鹿島区の方々が移転を考える時に、行政や業者任せでなく自分たちで住みやすい住宅を選べるよう、実際に安価で快適な住宅モデルを建てた石巻の港町を見学に行こうと、今回のツアーが企画されました。

仮設住宅集会所での交流仮設住宅集会所での交流

マイクロバスが次の集合場所である仮設住宅近くの鹿島区役所を出発したのが8時15分。最初の目的地、石巻大橋団地仮設住宅に着いた時は、10時30分を過ぎていました。集会所には、こちらから参加した16名を含め津波被害に遭われた地元の方々を合わせ40名近い人たちが集まり、現状や今後の暮らしについて情報を交換しました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net