アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • 南相馬日記 >
  • 小高区の有機農家、根本さん宅で開かれた餅つき大会に参加しました
2013年1月14日

小高区の有機農家、根本さん宅で開かれた餅つき大会に参加しました

震災支援担当/ アフガニスタン事業担当 谷山 由子
2013年1月15日 更新

新年初めての南相馬出張3日めで、初雪が降りました。天気予報では、平野部で10センチは積もると言っていたそうですが、それ以上と思うほどの積雪で、なれない弓木道での車の運転にびくびくしながらその日は移動しました。

小正月でもある成人の日の1月14日に、小高区の耳谷(みみがい)地区で開かれた餅つき大会を見てきました。天候の関係で避難先からの移動が難しく地区の方の参加は残念ながら多くはありませんでした。地元の行事というよりも南相馬で稲田を復活させようと福島の有機農業関係者やNGO関係者、研究者の方々が小高区の有機農家、根本洸一さん(75歳)を中心に集まり、気持ちを新たにした、という集まりでした。

小高区耳谷地区の根本さんのお宅。根本さん宅周辺の空間線量は、0.31マイクロシーベルトなので原町区内とあまり変わりません。小高区耳谷地区の根本さんのお宅。根本さん宅周辺の空間線量は、0.31マイクロシーベルトなので原町区内とあまり変わりません。
初めて元警戒区域内の小高区のお宅におじゃましました。障子の桟に飾ってあるのが「団子さし」です。初めて元警戒区域内の小高区のお宅におじゃましました。障子の桟に飾ってあるのが「団子さし」です。

10時半ころから参加者も加わって臼と杵で餅つきが始まりました。お昼頃にはついた餅や手作りのご馳走を囲んでの交流会は大変にぎやかでした。総勢50名近くの参加者も収まる広間はこれまでずっと冠婚葬祭も含めいろいろな地元の催しがもたれた部屋だったのでしょう。

雪の降る中、庭の車庫で餅つき大会。興奮で顔はぽっぽと温まるのですが、足元はしんしんと冷えました。雪の降る中、庭の車庫で餅つき大会。興奮で顔はぽっぽと温まるのですが、足元はしんしんと冷えました。
代わる代わる餅をつく参加者。手馴れた返し手をつとめるのは、福島有機農業ネットワーク代表の菅野正寿さん。代わる代わる餅をつく参加者。手馴れた返し手をつとめるのは、福島有機農業ネットワーク代表の菅野正寿さん。

床の間や障子の桟(さん)には、小正月に飾る「団子さし」が飾られ賑やかさを増していました。「団子さし」というのは、小正月に豊作を祈願して行う行事に使われるもので、赤い色をしたミズキの枝に紅白の団子を刺して冬の花がない季節に花が咲いたように見せる飾りのことです。

2013年度、南相馬市では稲の作付けが昨年、一作年とつづいて禁止となりました。これは、農協や行政の意向というよりも、南相馬の農家を代表した方々の、安全を期してもう一年ようすをみたいという思いがあったからのようです。

稲作をしたいという農家の方もいる中で、地元の農家の方々のいろいろな思いを共有し合う場が、この餅つき大会をきっかけに広がることを期待したいと思います。

南相馬のことならなんでも首を突っ込みたがる谷山由子からの報告でした。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net