アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

新たなご近所付き合いのはじまり
~災害公営住宅のコミュニティ形成~

震災支援担当 伊藤 祐喜
2016年11月24日 更新

2016年7月末、鹿折地区の市街地に建設された災害公営住宅の入居が始まりました。仮設住宅などで「仮の暮らし」を数年間続けてきた住民にとって、災害公営住宅への入居は待ちに待った新たな生活のスタートとなります。一方で、既に入居した住民からは、「団地内の人と普段顔を合わせることが少ない」、「隣の部屋に誰が住んでいるのか分からない」などの声が聞かれています。市内最大規模となる鹿折地区災害公営住宅では、市内全域から入居者を募ったため、互いに面識のない人々が集住することとなります。新たな人間関係の中、安心して楽しく暮らせる環境を作っていくためには、先ず住民同士がお互いのことを知る必要があります。

入居が始まった鹿折地区の災害公営住宅入居が始まった鹿折地区の災害公営住宅

入居した住民同士の交流を図るため、JVCは行政や地元支援団体と連携し、9月と10月に顔合わせ交流会を実施しました。9月10日に行った交流会では、参加者同士の自己紹介を中心に行いました。参加者の中には隣人と初めて顔を合わす住民もおり、「今日初めて会ったね。これからよろしくね」と笑顔で挨拶を交わす様子がみられました。

和気あいあいとした雰囲気の中での自己紹介和気あいあいとした雰囲気の中での自己紹介

10月21日に行った2回目の交流会では、棟ごとにグループを分け、隣近所の住民同士の交流を図りました。各グループの参加者からは「趣味の麻雀を皆と一緒にやりたい」、「全員が入居したら集会場でお祝い会をしたいね」といった声が聞かれ、今後の住民間の交流に関する話題などで盛り上がっていました。

青空の下、音楽に合わせて行った体操青空の下、音楽に合わせて行った体操
趣味の話などで意気投合する参加者趣味の話などで意気投合する参加者

12月以降については、引き続き顔合わせ交流会を実施するとともに、団地内の自治会の立ち上げをサポートしていく予定です。新たな人間関係の中、災害公営住宅で暮らす住民同士が支え合いながら暮らしていけるよう、JVCは今後も災害公営住宅のコミュニティ形成に向けた取り組みを進めていきます。

災害公営住宅での取り組み の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2017年4月21日 更新災害公営住宅の自治会結成
~住民同士が支え合える環境を作る~
2016年11月24日 更新新たなご近所付き合いのはじまり
~災害公営住宅のコミュニティ形成~
2016年5月23日 更新災害公営住宅のコミュニティ形成に向けた取り組み

Facebook コメント


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net