アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

寄り添い合える地域をつくる

震災支援担当 伊藤 祐喜
2015年12月 9日 更新

四ヶ浜地域の梶ヶ浦地区では、2015年度より防災集団移転による住宅建設が本格化し、震災の影響によって一時的に地域を離れていた人々が地元回帰を果たしました。震災後も地域で暮らし続けてきた在宅住民と防災集団移転参加者(以下、防集参加者)との交流を図るため、JVCはこれまで両者を対象としたイベントを実施してきました。

5月24日、「新緑を楽しむ会」を開催し、9月30日には防災集団移転団地内に建設された梶ヶ浦地区の集会場にて郷土菓子作りを行いました。

郷土菓子を作るお母さん方(9月30日開催のイベント)郷土菓子を作るお母さん方(9月30日開催のイベント)
笑顔の絶えないお茶会(9月30日開催のイベント)笑顔の絶えないお茶会(9月30日開催のイベント)
世間話で盛り上がる参加者(10月22日開催のイベント)世間話で盛り上がる参加者(10月22日開催のイベント)

10月22日に実施した交流会については、今後住民同士で声を掛け合って集まることができるよう、JVCによる個別の参加の呼びかけは行わず、住民間の誘い合わせを促しました。交流会の参加者からは、「家に一人でいてもテレビを観て過ごしているだけなので、こうして皆で話していると楽しい」といった感想が聞かれました。

落成式の様子落成式の様子

11月8日には、梶ヶ浦地区の集会場の落成式が開催されました。防集参加者が住宅再建を果たし、また、住民の集いの場となる集会場が完成したことを受けて、住民からは「また皆で一緒に暮らせるようになった。ようやく一段落ついた」といった声が聞かれました。

梶ヶ浦地区の防災集団移転団地と在宅世帯(赤色の箇所)との位置関係梶ヶ浦地区の防災集団移転団地と在宅世帯(赤色の箇所)との位置関係

今後は、在宅住民と防集参加者との繋がりを深め、地域が本来持っている一体感を取り戻していくことが重要となります。しかしながら、梶ヶ浦地区の防災集団移転団地は高台に造成され、また、在宅住民の家々から離れた場所に位置しており、在宅住民からは「団地までは遠いので歩いていけない」、「同じ地区でも二つに分かれたような感じだ」などの声が聞かれています。そのような住民の声から、今後、在宅住民と防集参加者との日常的な交流がなくなり、両者の繋がりが希薄となることが懸念されています。

住民同士が寄り添いながら暮らしていける地域をつくっていくためには、在宅住民と防集参加者が日常的に顔を合わせられる仕組みを作り、両者の繋がりを深めていく必要があります。
これまで、JVCはイベントを通じて住民間の交流を図ってきましたが、今後は、将来にわたり梶ヶ浦地区で暮らす人々が互いに寄り添っていけるよう、住民同士の日常的な交流を生み出すための取り組みを行っていきます。

集落の再編に関する取り組み の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年12月 9日 更新寄り添い合える地域をつくる
2015年7月 8日 更新集落再編に向けた交流の場づくり

Facebook コメント


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net