アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

11月1日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は、大浦地区協議会の造成地見学会および総会が開催され、住民約30名が参加しました。

見学会では、10月に造成工事が概ね完了し、宅地の引き渡しが開始された高台移転団地の状況が確認されました。団地内の道路はきれいに舗装が施され、いくつかの宅地ではすでに住宅建設が開始されていました。当日は、大浦地区災害公営住宅の入居予定者も見学会に同行しました。初めて見学会に参加した入居予定者からは、「ようやく住宅地のイメージを掴むことができた」、「災害公営住宅が建つ場所には木々に囲まれているところもあって、住みやすそうだ」といった感想が寄せられました。

道路が舗装され、電柱が立った大浦地区高台移転団地。造成地見学会にて道路が舗装され、電柱が立った大浦地区高台移転団地。造成地見学会にて
災害公営住宅の建設予定地を確認する住民災害公営住宅の建設予定地を確認する住民

【集落の再編に関する取り組み】
寄り添い合える地域をつくる

震災支援担当 伊藤 祐喜
2015年12月 9日 更新

四ヶ浜地域の梶ヶ浦地区では、2015年度より防災集団移転による住宅建設が本格化し、震災の影響によって一時的に地域を離れていた人々が地元回帰を果たしました。震災後も地域で暮らし続けてきた在宅住民と防災集団移転参加者(以下、防集参加者)との交流を図るため、JVCはこれまで両者を対象としたイベントを実施してきました。

5月24日、「新緑を楽しむ会」を開催し、9月30日には防災集団移転団地内に建設された梶ヶ浦地区の集会場にて郷土菓子作りを行いました。

郷土菓子を作るお母さん方(9月30日開催のイベント)郷土菓子を作るお母さん方(9月30日開催のイベント)
笑顔の絶えないお茶会(9月30日開催のイベント)笑顔の絶えないお茶会(9月30日開催のイベント)

10月10日から12日の日程で富山県および石川県への視察を行いました。この視察の目的は、廃校活用や地域づくりに関する事例について学び、視察を通じて得た知見を旧浦島小学校の施設利用の検討や地域づくりの取り組みに生かすことです。視察には、JVCスタッフのほか、浦島地区振興会の役員や地区住民ら8名が参加しました。

視察初日、富山市で閉校した小学校の運営を行う「NPO法人こば」を訪問しました。(今年5月の講演会では、「NPO法人こば」理事長の水本三郎(みずもとさぶろう)氏、事務局長の平沢義孝(ひらさわよしたか)氏を講師として招きました。)築60年ほどの趣のある木造校舎を見学した後、「NPO法人こば」のメンバーと廃校施設の活用に関する意見交換を行いました。「もし、お金や使途の制約がなかったら、廃校施設を活用してどのようなことをやってみたいか」というテーマで、参加者がそれぞれに意見を発表しました。浦島地区から参加したメンバーからは、「浦島地区の歴史や文化を伝える資料館」、「新鮮な海産物を使った料理を提供する食堂」、「授産施設(障害者や高齢者が水産加工の作業を行う場)」といった様々なアイディアが出されました。また、平沢氏からは、「失敗を恐れず、使いたい人がやりたいことに校舎を使うことが大切」というお話がありました。

2階にある「里山カフェ」コーナー(NPO法人こば)2階にある「里山カフェ」コーナー(NPO法人こば)
廃校施設の活用に関する意見交換(NPO法人こば)廃校施設の活用に関する意見交換(NPO法人こば)

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net