アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

11月24日、四ヶ浜地域の梶ヶ浦地区住民を対象にピクニックを行いました。

四ヶ浜地域は震災により世帯数が激減し、それに伴い住民間の日常的な交流の機会も減少しました。これまでに在宅住民を対象に訪問活動を行い各世帯の状況を把握する中で、梶ヶ浦地区は住民間の交流が他地区に比べて一層少ない印象を受けました。そのため、今回の交流イベントは梶ヶ浦地区の在宅住民を対象としました。震災前、各地区の住民が集う場として地区ごとに集会場が設置されていましたが、梶ヶ浦地区の集会場は震災により被災しました。そのような状況から、今回は屋外でも楽しみながら交流が図れる内容を企画しました。

まち歩き@鶴ヶ浦 ~まちの魅力を改めて見つける~

2014年度気仙沼事業インターン 竹田 響
2014年12月18日 更新

11月29日(土)、30日(日)、JVC気仙沼事業の活動地の一つ、鶴ヶ浦(つるがうら)地区において「まち歩き」を実施しました。まち歩きとは、地区に暮らす人と地区外から来た参加者が一緒にまちを歩いて、地域の魅力を再発見していくというもの。

何気ない細道や浜のたたずまい、屋号や家の造りなど、地元の人にとっては普段目にしている当たり前のものに、参加者が外部の視点から驚きと疑問を投げかけます。それが「普段目にしているものがまちの魅力なんだ」という地元の人の気づきにつながります。足元の日常生活に目を向け、将来の地域づくりに活かす資源を発掘する活動です。

港に面した鶴ヶ浦地区。坂道が多くあります。港に面した鶴ヶ浦地区。坂道が多くあります。

今回のまち歩きは、浦島地区振興会、気仙沼市地域づくり推進課の協力の下、JVC主催で開催され、JVCの駐在スタッフを含む9名が参加しました。3名の住民の方に地区を案内していただき、案内人1名、参加者3名の4名を1チームとした計3チームが、別々のコースで鶴ヶ浦地区を探索しました。

まち歩きの舞台となった鶴ヶ浦地区は気仙沼大島に面する集落で、四ヶ浜(しかはま)と呼ばれる地区の最南端に位置しています。街の中心部から車で30分ほど離れた場所にあり、昔ながらの景色を残している風光明媚な地域です。震災を機に気仙沼大島と鶴ヶ浦地区を結ぶ「大島架橋」の建設工事が開始されたことで、まちの景色が今後大きく変わっていくと考えられる場所の一つです。

震災から3年9ヶ月あまりが経過した現在でも、多くの住民の方々が仮設住宅等での「仮の生活」を送っています(※)。仮設住宅での暮らしが長期化するにつれ、住民の中には、精神的な不調や心身の衰えを訴える方もいます。

しかしながら、支援団体等による仮設住宅における活動は、住民の孤立の防止を目的とした交流事業および戸別訪問が中心となっており、住民の心身の健康維持を目的とした支援は充分とは言えません。加えて、住民が生活再建を果たし、仮設住宅での暮らしを終えるには、さらに数年を要することが予想されるため、今後ますます住民の心身の衰えが懸念されます。

このような状況の下、JVCは住民の心身の健康維持や生活習慣の改善に効果的な内容を取り入れた交流会「さわやか健康相談」を鹿折地区にある仮設住宅で開催しました。気仙沼市健康増進課の協力を得て実施したこの交流会では、保健師、看護師、栄養士による介護予防体操や血圧・脈拍の測定に加えて、健康に関する相談なども行いました。

健康相談の様子(浦島小学校仮設住宅にて)健康相談の様子(浦島小学校仮設住宅にて)
看護師による講話(浦島小学校仮設住宅にて)看護師による講話(浦島小学校仮設住宅にて)

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net