アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

5月18日、浦島地区振興会(以下、振興会)の総会が旧浦島小学校で開催され、役員や委員など約20名が参加しました。当日は、2013年度の活動報告や会計報告が行われたほか、役員の改選等についても協議がなされ、JVCは、昨年度に引き続き、サポーターとして振興会に参画することになりました。また、これまで活動が行われてこなかった施設利用部、地域資源開発部、環境・文化部の三部会のメンバーが選出され、振興会の体制の強化が図られました。今後は話し合いをもとに部会ごとに活動計画を作成し、活動を実施していくことになります。

振興会の新会長によるあいさつ振興会の新会長によるあいさつ
バス車内で1日のスケジュールを伝えるJVC岩田(写真中央)バス車内で1日のスケジュールを伝える
JVC岩田(写真中央)

4月27日、防災集団移転のアドバイザー派遣を実施しました。今回は、他地区で先行して完成した高台移転団地の見学会を開催し、大浦(おおうら)地区・梶ヶ浦(かじがうら)地区合わせて約30名の住民の参加を得ました。

午前中、南三陸町にある高台移転団地を訪問し、町職員の案内を受けながら団地内を見て回りました。はじめに、約100坪の宅地の大きさを確認しました。整備された宅地を実際に目にした住民からは「随分と広い様に感じるわね」との感想が出されました。一方で、同じ100坪の宅地でも間口の広さや乗り入れ道路の取り付け方に応じてその大きさの印象が異なるため、「意外と狭いな」「100坪の感覚がうまくつかめない」などと話しながら戸惑う住民の姿も見受けられました。

宅地の大きさの確認宅地の大きさの確認

気仙沼ツアー企画「週末は気仙沼。~海のしごとと人に出逢う旅~」

震災支援担当 岩田 健一郎
2014年5月 9日 更新
水産加工場の見学水産加工場の見学

2月22、23日および3月22、23日、「週末は気仙沼。~海のしごとと人に出逢う旅~」と題した気仙沼ツアーを実施しました。この企画の目的は、様々な体験や交流を通じて、浦島地区の魅力や気仙沼の現状、さらには震災の経験・教訓を参加者に伝えるとともに、浦島地区の活性化を図ることです。本ツアーは浦島地区振興会とJVCとの共同企画の下、地元の旅行業者により実施され、合計22名の参加を得ました。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net