アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

気仙沼事務所の設立―災害ボランティアセンターから地域へ

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年8月23日 更新

JVCは、3月30日より継続してきた「気仙沼市社会福祉協議会災害ボランティアセンター」(※)の運営支援を、7月26日をもって終了しました。この間、組織の立ち上げから始まり、ニーズとボランティアとのマッチング作業、データ管理や電話対応など、様々な形で運営支援を行ってきました。特に後半では、避難所・仮設住宅支援として、聞き取り調査によるニーズの把握、レクリエーション・炊き出しの調整・実施、お茶会による住民間の交流促進をその中心的活動としてきました。

組織の立ち上げから約4カ月が経過した現在、災害ボランティアセンターは、徐々に人員も強化され、社会福祉協議会の職員の方々の手によって、十分な機能を果たしながら運営されています。こうした状況から、JVCとして一定の役割を果たしたと判断し、運営支援に一つの区切りをつけることとしました。

新たな一歩~漁業再開に向けた支援活動~

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年8月 9日 更新

7月某日の正午前、かねてより交流している鶴ヶ浦の方より、間もなくサンマ漁の出航をするとの知らせを受け、市街地にある漁港に急ぎ車を走らせました。漁船が停泊した港には、見送りの人々やマスコミが集まっており、鶴ヶ浦の漁師であるKさんやそのご家族は、出航を目前に控え、取材攻勢を受けていました。Kさんの「さあ出発するぞ」という掛け声を合図に、他の船員達は威勢よく船に乗り込み、手早く錨を船内に引き上げました。間もなく漁船は黒煙を吐きながら出航してしまいました。あっという間の出来事でした。

出港直前のKさん達出港直前のKさん達

続く避難所支援 暑さ対策を急ぐ

震災支援担当 岩田 健一郎
2011年8月 2日 更新

現在被災地では、被災者の避難所から仮設住宅への移動が進んでいます。それに伴い、支援活動も避難所から仮設住宅へとその対象が移りつつあります。しかし、依然として多くの被災者が、避難所という厳しい環境の中で避難生活を続けています。市の発表によると、7月26日現在も37の避難所に1584名の避難者が避難しています。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net