アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

タイ滞在10日間、
お百姓さんの凄さを垣間見る

14期生インターン 岡田佳子
2014年9月25日 更新

カオデーン農園に来て、約10日が経ちました。この農園は、タイ東北部、ラオスとの国境を成すメコン川に面するムクダハン県に位置しています。

カオデーン農園までの道中では、のどかな田園風景が広がっていましたが、サトウキビやゴムの木などの商品作物が多くの土地で植えられているのが目に付きました。一方、カオデーン農園ではこのような商品作物ではなく、自給用の様々な野菜や、お米(コシヒカリも!)、タケノコなどが栽培されていました。バナナやヤシの木の横に竹林が広がっている光景は、ここ以外ではなかなかお目にかかれない気がします。

農業実習のお世話をしてくれているデーンさんによると、商品作物は価格が市場に左右されやすく、ゴムなどは特に成長するまでに時間を要する為、投資にはリスクがあるそうです。

カオデーン農園での農作業の様子カオデーン農園での農作業の様子

一方、タケノコは東北タイでは好んで食べられている割に、カオデーン農園周辺では他に栽培する農家がおらず、高い値段で売ることができるそうです。わざわざ農園まで買いに来る人も少なくないとか。お客さんも喜んでくれる分、ますます作り甲斐がある仕事だと思いました。

自給的な暮らしの在り方池で育った魚を釣ってその日の夕食に自給的な暮らしの在り方、池で育った魚を釣ってその日の夕食に

とは言っても、私自身、まだまだ農作業に馴れず、申し訳なさを感じつつ、農業の大変さを実感する日々です。東京ドーム0.7個分の敷地で、30種類以上もの作物をほとんど一人で育てているデーンさんは本当にすごいと思います。たくさんの種類を育てれば、それだけ多くの知識が必要ですし、体力も必須です。それに、マーケティングも農家自身でしなければなりません。お百姓さんの凄さを垣間見たインターンシップ幕開けの10日間でした。

お寺に徳を積みに行ったり、森本さん(タイ現地調整員)のタイ料理を楽しみに魚を釣ったり、アリに噛まれたり、カエルをさばいたり、東北タイの生活を少しずつ体験させていただいています。明日からはカオデーン農園を離れ、ガラシン県で自然農業に関するNGO活動をしている方の元へホームステイに行きます。

タイでのNGO活動のついて、しこたま質問ができる貴重な機会なので、(緊張しますが)とても楽しみです。

第14期インターン(2014年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年3月19日 更新足るを知る経済
2015年3月27日 更新食べものの価値
2015年3月19日 更新日本とタイの食
2014年10月30日 更新ガラシン県の農民ネットワークから学ぶ
2014年9月25日 更新タイ滞在10日間、
お百姓さんの凄さを垣間見る
2014年9月25日 更新14期生、プログラムが始まりました

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net