アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

14期生、プログラムが始まりました

14期生インターン 岡田佳子
2014年9月25日 更新

2014年度、タイ事業では「タイの農村で学ぶインターンシッププログラム」に参加するインターン1名を採用し、9月7日にタイに派遣しました。14期生の岡田さんのタイでの奮闘をお届けしていきます。初回は岡田さんから自己紹介です。

第14期インターンの岡田佳子です。現在は、大学でタイ語と東南アジア経済学を専攻しています。東南アジアの文化や、国際協力、開発援助に興味があり、大学に進学しました。

国際協力への関心は、「紛争や貧困の無い、平和で豊かな社会は、どうして実現できないのだろう」と、何となく考えていたのが最初でした。一方で、その構造に自分がどのように関与しているかは、あまり考えたことがありませんでした。

本当のところ、グローバル化が進む今日の世界では、私のような一消費者がその病理の根幹にあるのかもしれません。

例えば、日本の生活はとても便利です。 24時間営業のコンビニではいつでも食料が手に入り、携帯電話を使ってどこにいても他人と連絡が取れます。

他方で、私たちがより安い食料を求めることは、大規模で安全性よりも生産性を重視した食料生産を促します。電化製品の製造にも同じ構造が当てはまり、スマートフォンなどの精密機械に必要なレアメタルは、人知れず各地で紛争の要因となっていると聞きます。

「紛争や貧困に対し、私に何ができるのか」というよりは、「紛争や貧困に支えられた社会で、自分自身がどのような選択をしていくか」を問うことが、より重要ではないかと現在は考えるようになりました。

JVCのタイ事業「地場の市場プロジェクト」と担当した松尾氏(左)から話を聞くインターン(右)JVCのタイ事業「地場の市場プロジェクト」と担当した松尾氏(左)から話を聞くインターン(右)

私が現在大学で学んでいるのは主にタイ語です。タイの食文化も大好きなので、将来はタイに関わる仕事をしたいと思っています。しかしながら、外国語を生かして働くということは、グローバリゼーションの前線で働くことでもあります。

このタイ語をどう生かして働くべきか、農村でのインターンシップを通して様々なヒントを得たいと思います。

岡田 佳子

第14期インターン(2014年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年3月19日 更新足るを知る経済
2015年3月27日 更新食べものの価値
2015年3月19日 更新日本とタイの食
2014年10月30日 更新ガラシン県の農民ネットワークから学ぶ
2014年9月25日 更新タイ滞在10日間、
お百姓さんの凄さを垣間見る
2014年9月25日 更新14期生、プログラムが始まりました

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net