アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

スタディツアーのお手伝いを通じて その1

13期インターン 小川 友理
2013年3月19日 更新

2月8日から12日まで宗教法人妙道会青年部のスタディツアーがカオデーン農園にて行われ、小川と根本はお手伝いとして参加しました。

スタディツアーがカオデーン農園で行われましたスタディツアーがカオデーン農園で行われました

今回で四回目の開催とのことで、5日間の日程の中で農作業をしたり、魚やアヒル、豚をさばいたり、近くの観光ホームステイ村で現地の家庭にお世話になったりと、タイの生活や命をいただく意味を知れる機会がぎゅっと詰まったプログラムです。インターンで自ら志願して来た私たちと、団体から指名されてきた参加者の皆さんでは気持ちの持ちようも異なります。

アヒルを捌く時も淡々と作業をこなした私たちと異なり、これから捌かれるアヒルを捕まえた瞬間から悲しそうな、申し訳なさそうな表情で抱える姿はとても印象的でした。私のステイ先には家畜はおらず、カオデーン農園で研修をしていたときも途中からしか見られなかった豚を捌く現場にも初めて立ち会うことができました。

豚を捌く体験をしました.豚を捌く体験をしました.

まだ可愛らしさも残る子豚の時から餌を与えていたので久しぶりの再会で私よりもずっと重たくなった姿にはびっくりしました。しかし情が移る分、鳴いて抵抗する様子を見ているのは辛かったですし、瞳や肉付き、毛を削いだあとの皮膚の触感などヒトに近い部分も多く、普段当たり前に食べていた豚肉のこういった姿を改めて見てみると、おいしくいただくことのできるありがたみや目の前で命が絶たれる悲しさを通り越して不思議な感じすらしました。

第13期インターン(2012年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2013年5月 2日 更新惣菜づくりと販売をする農家にお世話になりました
2013年5月 2日 更新若手農民交流に参加して
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その2
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その1
2013年3月12日 更新水のありがたみ
2013年3月 2日 更新ゴミとの向き合い方
2013年2月 7日 更新キノコ栽培
2013年1月30日 更新中間報告
2013年1月25日 更新村の時間
2013年1月11日 更新水のありがたさ

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net