アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

中間報告

13期インターン 根本 沙綾
2013年1月30日 更新

早いもので、タイで暮らして3ヶ月が経ちました。私たちは12月24日から5日間、中間報告のため派遣先からカオデーン農園に戻りました。約1ヶ月半ぶりのカオデーン農園は稲刈りが終わっていたり、新たな野菜が植えられていたりして変わっていました。また、子ブタや子イヌたちが大きくなっていて、予想はしていましたがその成長の早さに驚きました。

中間報告をするインターン根本(右)と高畑(左)中間報告をするインターン根本(右)と高畑(左)

中間報告は、日本からJVC事務局長の長谷部さんと下田さんも参加して行いました。派遣先の農村での生活状況や感想、農作業内容などを1人1時間程使って発表しました。同じ有機米農家であっても農作業の内容や今抱えている問題が異なることが分かりました。私と同じ地区に派遣された高畑さんは、水不足から生じる米不足やそれに伴う支出の問題について報告していました。

私が農村で暮らして感じたことは人と人とのつながりの強さです。例えば、汗だくでも腰が痛くてもみんなでおしゃべりしつつ笑いつつ行なう稲刈りの風景がまだここにはあります。農作業は一人だと大変ですが人数が多いと楽しいものに変わります。

村の道では子どもたちが鉈(ナタ)を使ったり、火遊びをしているのを見かけます。そこには必ずおばあちゃんやおじいちゃんがいて見守っています。

道で人に会ったら挨拶だけではなく立ち話になります。私はメー(お母さん)と自転車で田んぼへ行きますが、普通だったら10分くらいのところをメーは会う人会う人とおしゃべりするので20~30分かかります。ここで生活していると、人は多くの人とつながりを持ち生活していることを実感します。

また、事務局長の長谷部さんの話を聴く機会がありました。長谷部さんがどういった経緯でNGOという仕事についたのかを丁寧にお話してくださいました。人生において人それぞれ転換期が必ずあり、そのとき、まず自分がどうしたいのかを考えて行動し、そこで忘れてはいけないのが周りの人の存在だ。家族や友人などの理解や協力が少しでもあるから自分のしたいことが迷わずに出来るとのことでした。

そして、下田さんからもアドバイスをいただきました。これからの残り3ヶ月、タイの農村で生活するなかで何を得たいのかを絞って考えたほうがより良いインターンとなるとありました。

今までは生活とタイ語に慣れることがメインで過ごしてきましたが、残り3ヶ月は、自分が得たいものは何か、自分がこれから先どう生きていきたいのかを考えて探していきたいです。

第13期インターン(2012年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2013年5月 2日 更新惣菜づくりと販売をする農家にお世話になりました
2013年5月 2日 更新若手農民交流に参加して
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その2
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その1
2013年3月12日 更新水のありがたみ
2013年3月 2日 更新ゴミとの向き合い方
2013年2月 7日 更新キノコ栽培
2013年1月30日 更新中間報告
2013年1月25日 更新村の時間
2013年1月11日 更新水のありがたさ

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net