アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2012年11月16日 【 第13期インターン(2012年度)

村での生活10日目の私の暮らし

13期インターン 高畑 琴音
2012年12月11日 更新

村での生活が始まってからちょうど10日が立ちました。

滞在先のカセムさんご夫婦滞在先のカセムさんご夫婦

今回私がお世話になっている農家さんは、タイの首都バンコクからはバスで約6時間かかるタイ東北部、コンケン県ポン郡にあるノンドゥー村のカセムさん宅です。こちらでは夫婦二人で有機農業を営んでいます。主な生産物はお米、唐辛子で、他に野菜や果物は自家消費用で、全て化学肥料を使わずに育てています。

ここでの1日は唐辛子の水やりから始まります。朝6時から2時間かけて、約2千株の唐辛子に水をあげます。ホースとじょうろを使い、ひらすら往復の2時間。さらに草取りや苗の植え替えを含めると軽く3時間。朝から力仕事です。午前5時から5時半には起床し、9時にやっと朝食になります。その後、鶏、豚、牛にエサを与え、次の作業に移ります。

ちなみに、鶏には残りご飯、豚には水を含ませた米ぬか、果物や野菜の皮、牛にはわらを与えます。各農家が牛を稲刈り後の田んぼに移動させるので、いたるところで牛を目にします。カオデーン農園での生活に引き続き、ここでも自然と人との共存、循環を目にすることができます。

ここタイ東北部ではいまの季節(乾季:雨は降らず、朝晩は冷えるが昼間は快晴)が稲刈りのピークを迎えています。村の田んぼも日に日に稲刈り風景、稲刈り後の田んぼが増えてきました。私も今日、稲刈り初日を迎えました。当初の予定では、唐辛子の苗の植え付け後、私が村に入って3日目には稲刈りを始める予定だったのですが、カセムさん宅での諸用、井戸修理や買い出しに追われ、結局1週間遅れてのスタートにしまったようです。よく言えば、家族運営の農業のため融通が利く、悪く言えば、少人数の為、1日2日の急な休みが1週間の遅れにもつながるのです。

村に入って10日目。まだまだ私はお荷物でしかなく、タイ語もほとんど聞き取れず、ニコニコとうなずくばかりですが、これから村での5ヶ月間で様々なことを見いだせればと思っています。

第13期インターン(2012年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2013年5月 2日 更新惣菜づくりと販売をする農家にお世話になりました
2013年5月 2日 更新若手農民交流に参加して
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その2
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その1
2013年3月12日 更新水のありがたみ
2013年3月 2日 更新ゴミとの向き合い方
2013年2月 7日 更新キノコ栽培
2013年1月30日 更新中間報告
2013年1月25日 更新村の時間
2013年1月11日 更新水のありがたさ

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net