アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2012年11月20日 【 第13期インターン(2012年度)

まわりにタイ人しかいない農村での生活がはじまりました

13期インターン 小川 友理
2012年12月 4日 更新

1ヶ月間お世話になったカオデーン農園での生活が終わりました。

カオデーン農園ではご飯は当番制で、火を起こすところから始まり、農作業もタイ語もほぼ初めてのことばかりでしたが、どれも新鮮で楽しく、農園から眺める朝日や、緑を眺めながら食べるご飯はとても贅沢で幸せな気分になりました。

日本にいる時は、時計の示す時間にとらわれてばかりであまり時の流れを意識することはなかったのですが、カオデーン農園では太陽の動きとともに一日が進んでいきます。

カオデーン農園の夕日カオデーン農園の夕日

朝、ご飯を作り始めることはまだ薄暗い空も徐々に明るくなり、午後の農作業では日が傾くと共に夕日に照らされた田んぼの稲穂が赤く染まり、日が沈むとあっという間に暗くなり、「あぁ、一日が終わるんだな・・」と実感します。

たまにはこんな朝食もたまにはこんな朝食も

タイ語も今まで馴染みのなかった言語なので、最初は話せるようになるのか不安でしたが、たった三週間の授業でも最低限の会話ができるようになったことは驚きでした。初めは、文法も単語の意味も発音も先生が英語で教えてくれたのですが、全て英語で説明されていた授業もタイ語を習うにつれてタイ語での説明が増え、一日の出来事をタイ語で話すことができたり、長い文の意味を理解できたときは感動しました。

他にもNGO団体を訪問したり、コンケン県でランドフィル(ゴミ集積場)やポン郡の生産者直売市場を見学したりとたくさんのことを経験し、考えさせられた1ヶ月でした。

最終日、他のインターン二人と異なるエリアに派遣される私は、二人を見送った後、ひとりで掃除や洗濯をし、荷物をまとめたり農作業に参加したりしたのですが、蚊帳も布団も荷物もない部屋を目の前にするとカオデーン農園を離れる実感が急に湧き、寂しかったです。

現在私が派遣され住んでいるのはバンコクに近いチャチェンサオ県にある有機農家、パナーラットさんの家です。まだ始まったばかりの生活で、一日の流れや仕事の内容などは一定しておらず、周りの人の動きを見ながら見よう見まねで動いてみたり、わかる範囲のタイ語で質問したり会話をしたりしています。カオデーン農園での日々と異なりタイ人とタイ語しかない環境は楽しくもあり、思うように聞き取ったり伝えられないもどかしさも感じます。

カオデーン農園でたくさん練習した自己紹介はスムーズにできるようになり、「三週間しか勉強してないのに上手だね。5ヶ月間で、日本語を忘れるくらい話せるようになるよ」と村の人たちは褒めてくださりますが、日常会話はまだまだ慣れません。少しでもこの環境に慣れ、タイ語を身につけることが今の目標です。 

第13期インターン(2012年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2013年5月 2日 更新惣菜づくりと販売をする農家にお世話になりました
2013年5月 2日 更新若手農民交流に参加して
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その2
2013年3月19日 更新スタディツアーのお手伝いを通じて その1
2013年3月12日 更新水のありがたみ
2013年3月 2日 更新ゴミとの向き合い方
2013年2月 7日 更新キノコ栽培
2013年1月30日 更新中間報告
2013年1月25日 更新村の時間
2013年1月11日 更新水のありがたさ

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net