アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

一年の旅路

11期インターン 宮田 敬子
2009年4月 7日 更新

長かったと言えば長かったですが、今思えばあっという間の一年間でした。昨日、一年間つけていた日記を見直しました。何かを学ばなければという焦りが毎日のように綴られていました。そして、思うように学んでいる実感がない日々に不安や焦りでいっぱいいっぱいになっていました。そんな中では自分のことしか考えることができなく、自分の身の回りの人の気持ちを考えることができなくなっていました。

 ■11月稲刈りの時期の宮田さん。いよいよインターンを終えます。 ■11月稲刈りの時期の宮田さん。いよいよインターンを終えます。

このインターンシッププログラムを臨むにあたって、私はNGOで働くための必要な研修であると思っていました。支援される側の立場に立って考えなければならない。インターンではそういうことが学べる場であると考えていました。しかしながら、実際には自分のことで精一杯になってしまっていたので、「支援される側?」、「NGOの役割って?」などと考える余裕さえなかったのです。国際協力などはもってのほか、自分が村の人から助けられてばかりであり、村の人が私のお世話ボランティアをしてくれていました。そんな自分が嫌で嫌で、格好悪くて、惨めでたまりませんでした。

初めにホームステイしたカセームさんの家では、私が何か動けばすべての人に迷惑がかかるような気がして何をするのも恐れていました。村人と話すことさえ億劫になり、時には調子が悪いと言って家の中に閉じこもったこともありました。優しく話しかけてくれる人のみと接し、厳しい人とはなるべく関わらないようにしました。あぁ、やはりNGO職員になることなんて無理であり、そもそもこのインターンシップを応募したこと自体、自分の身の丈を超えた行動だったのだ。居るべき場所じゃないところにわけも分からずに来てしまったのだと考えました。

カセームさんの家に滞在して3ヶ月経った頃、やっと気づきました。私が何も彼らに伝えられていなかったこと、何に興味があり、何を思っているのかということ、自分の居心地を悪くしていたのは他でもない自分自身であったこと。こんな簡単なことに気づくのに何ヶ月もかかり、何ヶ月も悩みました。また、このことが実際、これから生きていく社会の中でどんな風に生かしていけばいいのかも分かりません。

それから、私はできる限り人に伝えることを意識しました。例えば、豚の世話をしたいという理由をきちんと説明したら、今までやらせてもらえなかったことがやらせてもらえるようになりました。ある日、ホームステイ先のお母さんに「敬子と一緒に居ることが居やすくなった」と言われました。その時に初めて「あぁ、来て良かった、この人と出会えて良かった」と思いました。

インターンを通して、人との交流とは自分自身を豊かにするものであると思いました。自分が悩んでいるとき、決まってその時に自分にとって必要な人に出会います。そして、その人との交流の中で悩みを解決していけます。人との出会いは不思議でたまりません。

一番の出会いはカオデーン農園のかおるさん、デーンさん、インターン11期である金森さん、このプログラムを担当してくれた下田さんとの出会いです。この方々が今の私に足りないところを補ってくれたり、成長させてくれたと思っています。一年前の私がこの出会いを必要としていたので出会えた人たちなのかもしれません。

このインターンが終わって、何か特別の知識や技術が身についたと思ってはいません。よってNGO職員になるには程遠いし、私にとってはここからが本番思っています。日本へ帰国したら、周りにはタイで出会った様な人たち、真剣に自分の気持ちをぶつけられる人が何人いるでしょうか。帰国を目の前に怖くてたまりません。
 
最後に、このインターンを支えてくれたJVCの方々、タイで出会ったすべての人、応援してくれた家族や友人に感謝の気持ちを伝えたいです。この支えがあって、私はこのインターンを無事終えることができました。本当にありがとうございました。そして、一年間WEB日記を読んでいただいた方々、今日でこの日記が終ります。今まで読んでいただいてありがとうございました。5月に帰国報告会があるので、そこで会えると嬉しいです。
また、5月から私はタイ事業補佐インターンとして引き続きタイに滞在することが決まりました。これからどんな出会いがあるのか楽しみで仕方がありません。これからもよろしくお願いします。

タイでの最後の夜はきれいな月夜でしたタイでの最後の夜はきれいな月夜でした

第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net