アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

Sustainable Agriculture Foundation(持続的農業財団)訪問

11期インターン 金森 史明
2008年7月 1日 更新

ちょっと遅れましたが、バンコクにスタディツアーに行った時に訪問したNGOについてご報告します。

バンコクにある事務所では、スタッフのスパーさんから活動内容や資金源といった団体説明をメインに話を聞くことができました。Sustainable Agriculture Foundation(SAF)は農民の自立を目的として、持続可能な農業に関する研修や情報収集・提供をメインに活動しているとのことでした。

僕が面白いと感じた活動のひとつに、自然資源(主に食糧となるものや在来種)の保全があります。これは、人は自分の住む地域の在来種の食物を食べたほうが健康でいられる(たとえば糖尿病になりにくいなど)という考えからきているそうです(そして、在来種の方が環境に適応しているので育てやすい)。また、種そのものの保存も農民が自立していく上で、重要なことだからだそうです。というのも(後で薫子さんから聞いたのですが)、一般に売られている種子の中には、実はなるけれどもその実の種は植えても成長しないといったものが多く、一度その種を使うと、農民はいつまでも企業から種を買い続けないといけないことになるからです。こういったことを防ぐためにも、在来種の保存という活動は意義のあることだと感じました。

先日ディサタットさんが、農家は生活していけるギリギリの額しか稼げないと話していました。その理由の一端が見えた気がします。企業が収益を上げ続けるために、農民が不当に利用されてしまっているように思います。もうひとつ企業に利用されているのではないかと思えることがもうひとつあります。農家からの出荷価格が安すぎるのではないでしょうか。でも僕達が店頭で購入する価格はずいぶん高くなっています。出荷から店頭に並ぶまでの流通の過程や構造にも問題が潜んでいる気がしています。

(金森 史明)


第11期インターン(2008年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2008年6月19日 更新贅沢な休日
2008年6月 5日 更新がんばれ、インターン生!
2008年6月 5日 更新タイでの研修を支えてくれる人たち
2008年6月 5日 更新タイの農村に生きる知恵と技
2008年6月 5日 更新イサーンのゴム植林ドリーム
2008年5月29日 更新バナナと鍬(クワ)
2008年5月29日 更新笑っていれば作業もつらくない!?
2008年5月29日 更新初日記です。
2008年5月29日 更新インターン 金森史明の自己紹介
2008年5月29日 更新インターン 宮田敬子の自己紹介

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net