アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

改良種?それとも在来種?(2)

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年6月26日 更新

前回から続く)

スーダンの主要穀物であるソルガム種子の支援を前にして、私たちはJVCが配布する品種について議論していました。在来種である「カラマッカ」に対して、最近の改良種である「ワッダハメッド」は少雨でも生育し収穫量が多いなど、いいことずくめです。

しかし、果たしてそうなのでしょうか。私は、疑問に思ったことを農業省からJVCに派遣されている専門家、ムサさんに尋ねてみました。

「ワッダハメッドを収穫して、そのうち少しの量を翌年の種まき用に保存しておくとします。翌年、畑にまいて育ちますか?」
するとムサさんは正直に、
「ワッダハメッドの種は1世代限りです。収穫した種を2世代目として翌年まいても、うまく育ちません」
「えっ、そうなの?」
私よりも、ワッダハメッドを支持していたイルアミンがこの説明に驚いたようです。
「じゃあ、次の年の種はどうしたらいいの?」
「また、種子会社から買うことになります」

改良種?それとも在来種?(1)

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年6月26日 更新

日本人にとってコメが大切であるように、スーダンの人々にとって「ソルガム」がなくては食生活が成り立ちません。でも、読者の皆さんにとっては「ソルガムって何?」という感じではないでしょうか?

収穫後のソルガム。さまざまな品種がある。(2011年にJVC活動地にて撮影)収穫後のソルガム。さまざまな品種がある。(2011年にJVC活動地にて撮影)

日本では「モロコシ」と呼ばれる雑穀で、食用とされていた時代もあるようですが、今はほとんど家畜の飼料としてしか流通していません。
しかし、ソルガムは作付面積で世界第5位の主要穀物、アフリカでは多くの地域で栽培されています。なにせ、乾燥に強いのが特徴。年間降水量が数百ミリ以下(日本の全国平均の3分の1程度)の地域が多いスーダンでは、圧倒的な主要作物です。

本日6月20日、「世界難民の日」を迎えました。今日この日も、スーダンから幼い子をかたく胸に抱き、空腹をこらえながら国境を目指す人たちがいます。

2011年6月のスーダン内の内戦勃発から、今年2012年3月には南北スーダン間の武力衝突に拡大した紛争により一般の人びとが大きな被害を受けています。多くの人が殺され、暴力をふるわれ、さらに多くの人が自分の家と畑を後にして、避難しました。

配給の粉ミルクを抱える女の子配給の粉ミルクを抱える女の子。(安全上の理由により顔の部分をぼかしてます)

戦闘がなお続く南コルドファン州(スーダン領)から、国境を越えて、南スーダンへ入る人は日に300人とも500人ともいわれ、現在5万人以上が南スーダンのキャンプに身を寄せています。

キャンプ「イーダ」(南スーダン共和国ユニティ州)からJVCスタッフ、ジョージ・オケロの報告を紹介します。

(キャンプの様子をお伝えするため写真を掲載していますが、いずれも本文の登場人物とは直接関係はありません。)

ジブラカと女性たち (2)

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年6月15日 更新

前号から続く)

ムルタ南地区の小学校の一角で行われた話し合いには、地区の住民リーダー、ジュマさんのほか7人が集まってくれました。どういうわけか女性が多く、先ほどまで一緒だったアシャさんも参加しています。

ジブラカと女性たち (1)

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年6月12日 更新

暑さのピークとなる4月が過ぎ、5月に入ると待っていたかのようにカドグリで今年最初の雨が降りました。そろそろ雨季の訪れ、耕作シーズンの始まりです。農具の配布を終えた私たちは、次の活動である野菜作り研修と種子の配布に向けて、住民との話し合いのためにムルタ南地区を訪問しました。

農具の配布

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年6月 1日 更新

4月下旬、私たちはハジェラナル地区、ムルタ地区での農具配布の準備を進めていました。配布は、4種類の農具をひとつのセットとして行います。

耕作前の畑の掃除に使う「ケレン」は日本で言うなら熊手、畑を耕す「ウム・タバブ」は小型のクワ、「ジャラヤ」はシャベル。「ミンジ」は刈取りや雑草取りに使う鎌です。

ムルタ地区での配布。手前左の農具が「ミンジ」右が「ジャラヤ」ムルタ地区での配布。手前左の農具が「ミンジ」右が「ジャラヤ」

こうした農具の名称はいずれも南コルドファン地方独特のものだそうです。その地方で長く使われてきた農具なのでしょう。配布数は合計650セット。小さな個人商店しかないカドグリの町で、それだけの数が調達できるのでしょうか?

ウム・タバブは木の根を除去したり土を起こすのに使うウム・タバブは木の根を除去したり土を起こすのに使う

「3日だけ待ってくれよ」何軒かの店を訪ね歩いたJVCスタッフのユヌスに、ある商店主が言いました。「そうか、3日ならいいぞ。どこから仕入れるんだ?」「仕入れるんじゃないよ。ここで作るんだ」その店は鍛冶屋だったのです。奥ではふいごで起こされた真っ赤な火が燃えています。地元で何でも作れてしまうことは、私たちにはちょっとした驚きでした。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net