アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

空き家に住む避難民

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年1月15日 更新

カドグリに続々と押し寄せている避難民は、いったいどこで生活をしているのでしょうか?

州政府の方針として、避難民キャンプは設営されていません。そのため、市内中心部の広場やその周辺では千人単位の人々が布やビニールシートで仮設テントを作って生活しています。当然ながら、衛生状態が問題になります。そこで、カドグリで活動をする多くの現地NGOが、この地区で水道の設置、トイレ建設などの活動を行っています。

避難民の家族。後ろに見える部屋に2世帯が同居している避難民の家族。後ろに見える部屋に2世帯が同居している

JVCが11月末から12月初旬に実施した第一次の食料支援は、この地区を中心に行われました。
そして、12月下旬の第二次支援。こんどは市内中心部ではなく、郊外が対象です。なぜなら、中心部は既に避難民で飽和状態になり、新しく到着した避難民は郊外に居場所を見つけていたからです。

緊急支援、始まる

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年1月 6日 更新

11月30日、いよいよカドグリでの緊急支援、食料の配布が始まりました。
これまでの記事に書いたように、私は現地に足を踏み入れることができません。カドグリ事務所に駐在する二人のスタッフ、ユヌスとイルアミンに首都ハルツームから電話をかけて状況を確認します。

「昨日は、2日前に到着したばかりの避難民121人に食料を配布した。今日も、何百人もの避難民が配布を待っているんだ」
12月2日朝のユヌスからの報告です。

カドグリ事務所、再開

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年1月 5日 更新

残念な知らせが飛び込んできました。
南コルドファン州で中心的な存在だったスイスの医療系NGOが、カドグリ事務所の再開を断念し、スーダンから撤退することになったのです。

「情勢が好転するのを期待して待っていたけれど、資金提供者からは『もう待てない』と言われて財源もなくなってしまった」知り合いのスタッフは、悔しそうにそう話してくれました。
このNGOにはずいぶんお世話になりました。6月にカドグリから緊急退避をした際にも、IDカードを失った状態で国連施設にたどり着いた私を施設内に入れるために交渉してくれるなど、本当に親切な人たちです。活動に対する周囲からの評価も高く、それだけに、今回の撤退は残念でなりません。

緊急支援スタッフ、カドグリへ

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2012年1月 5日 更新

6月に戦闘が始まって以来、南コルドファン州は敵対する陣営によってふたつの地域に分割されてしまいました。政府軍が掌握する地域と、反政府軍であるスーダン人民解放軍(SPLA-N)の影響下にある地域です。

州都カドグリをはじめ主要な町は、激しい市街戦の末に政府軍が制圧。カドグリから首都ハルツームに向かって北に延びる物資の補給路は、政府軍が厳戒態勢を敷いて守っています。

一方で、SPLM-Nは「ヌバ山地」と呼ばれる丘陵地帯を広く掌握。私たちの従来の活動地であるエル=ブラム郡、タロディ郡の村々もこの中にあります。

両軍ともに、相手の侵攻を防ぐために地雷を埋設する一方、勢力範囲を広げようと各地で衝突を繰り返しています。政府軍の地上部隊が到達できないSPLM-N支配地域の丘陵部では、空軍による爆撃が続けられています。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net