アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

世界難民の日

JVCスーダン現地代表 今井 高樹
2007年6月29日 更新

6月20日「世界難民の日」、ジュバでは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)主催で大きなイベントが開かれました。

今日は1日仕事を休んで、JVC自動車整備工場のスタッフ・研修生は全員揃って参加です。UNHCRや南スーダン政府からのスピーチ、地元中学生の楽器演奏、帰還難民のグループの歌や踊りが続いた後、JVC研修生の出番がやってきました。まずは新しい研修生のポニーが演台に立ち、難民としての体験や現在の研修で学んでいること、そして将来の夢を語り、大きな拍手を浴びました(スピーチ内容は次回紹介します)。

コンテスト参加者の4人コンテスト参加者の4人

そしていよいよ本日の一大イベント、「タイヤ脱着コンテスト」です。会場には4台のクルマが並べられ、工場内の予選会を勝ち抜いた研修生たち、チャールズ、アルフレッド、ジョセフ、それにジョセフィンが「スタート」の合図とともにクルマの下にもぐりこんでジャッキアップ、タイヤ取り外し、再度取り付け、ジャッキを下げるところまで、その速さを競います。

地元テレビ局や新聞社のカメラに囲まれて真剣勝負を繰り広げる研修生は、見る間に汗だくに。観客も次第に熱が入り、周りを取り囲んで声援を送ります。さて結果は…、予選会でも一位だったチャールズが見事に優勝。女性参加者のジョセフィンは惜しくも4位…。

優勝したチャールズはタイヤ交換中も余裕の表情(?)優勝したチャールズはタイヤ交換中も余裕の表情(?)

ジョセフィンはUNHCRから特別賞を受け取って大喜びジョセフィンはUNHCRから特別賞を受け取って大喜び

しかし、拍手と声援が圧倒的に多かったのはジョセフィンでした。賞品としてチャールズにはUNHCRのTシャツ、ジョセフィンには特別賞として可愛い傘が贈られました。競技終了後もマスコミからインタビューを受け、ちょっとした有名人(?)になった気分の研修生たちでした。


団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net