アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

8年間は教科書が彼女

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年6月24日 更新

南アフリカでは、6月16日は『ユース・デー』として祝われています。

1976年6月16日。アパルトヘイト政策下「白人支配の象徴」であるアフリカーンス語が教育の場で使われることに反発した黒人学生たちが立ち上がり、学生1万人と警察が衝突した、いわゆる「ソウェト蜂起」が起こった日。この日に命を失った500人以上の学生を悔やみ、アパルトヘイト政権と闘った若い有志を称えるために、6月16日は毎年ユースデ-として祝われています。

全国でも若者をターゲットにしたさまざまなイベントが催されるこの日。私たちが活動するボドウェ村のドロップインセンター(DIC)でも、ボランティアたちが中心となって、この日イベントが実施されました。

踊って祝う!ユースデー踊って祝う!ユースデー
60人ほどの子どもたちが集まった60人ほどの子どもたちが集まった

外国人を暴力で排除。人種差別と闘った国が今なぜ?

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年6月10日 更新

日本でも一部報道されていましたが、ここ数ヵ月、ゼノフォビア(移民排斥)が南ア国内で大変な問題となっています。

「外国人が自分たちの仕事を奪っている」

民主化20年を経ても、一向に改善されない貧困、格差、行きどころのない怒りと不満の矛先が、同じコミュニティ内に暮らし商売を営んでいる外国人に向けられ暴徒化し、死者をもだす最悪の事態を招きました。

パートナーを探して、リンポポ南部へ

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2015年6月 9日 更新
ヴァールヴァッタル・ウェルフェア・ソサエティに到着ヴァールヴァッタル・ウェルフェア・ソサエティに到着

ドロップ・イン・センター(DIC)の活動改善の一環として、他団体との経験交流、より先駆的な活動をしている団体からメンター(助言や対話を通して長期的に活動の改善をサポートする存在)を招聘したい、という計画があります。
しかし、この相手となる団体を探すのに一苦労。DICの活動は資金調達の難しさなどもあり、なかなかいい団体を(とくにリンポポ州周辺で)探すことができていませんでした。

先日、日本大使館から草の根資金をもらった経緯のある団体で、子どもとくに青少年の活動を活発にやっている団体があるとの紹介を受け、Vaalwater Welfare Society(WWS)を訪問してきました。
Vaalwater(ヴァールヴァタル)は、同じリンポポ州内とはいえ、首都プレトリアに近く、私たちの活動地域からは車で片道4時間の距離にあります。まずはどんな活動をしているのか、今後協力できる可能性があるかを聞き取り行ってきました。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net