アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2014年1月 6日 【 家庭菜園研修

家庭菜園研修 フローレンスさん

南アフリカ事業担当 渡辺 直子
2014年1月 6日 更新
緑いっぱいのフローレンスさんの畑緑いっぱいのフローレンスさんの畑

前回「ただ一人有機堆肥を作っている」と報告したフローレンスさんの畑は緑があふれてとってもきれいです。家に水源(井戸)があるというアドバンテージはあるものの、マルチ、混作、有機堆肥、等高線に沿って植える畑のデザイン、畝の作り方...などなど学んだことがほぼ全て、完璧に適用されていて実に見事な畑です。

私たちも日々の食事のために野菜がほしいとき、ちょうどボドウェ村にいられれば、フローレンスさんから買うことがしばしばあります。しかし...フローレンスさんにいろいろといただいてしまうことのほうがはるかに多いのが実際のところです。

右上がシジンバ。中央下がかぼちゃの葉っぱの煮込み、左が発酵したパップ。どれもおいしい!右上がシジンバ。中央下がかぼちゃの葉っぱの煮込み、左が発酵したパップ。どれもおいしい!

すでに調理されたものをいただくこともあります。例えば、先日、家庭菜園のモニタリングのためにボドウェ村を訪問した際には、ピーナッツとメイズの粉を一緒に炊いた「シジンバ」、かぼちゃの葉っぱをピーナッツの粉とチリ(青唐辛子みたいなの)で煮込んだもの、ちょっと発酵したパップ(メイズからできた南アの主食)をど~んと用意してくれていて「持っていって~」と言われてしまいました。

この「シジンバ」、私は初めて食べたのですが同じメイズの粉で作っているのに、ピーナッツが入るだけで香ばしく、ホクホクとした触感になります。「おいしい、おいしい」と言っていたら、この3週間の間に結局二度も作っていただてしまいました...。かぼちゃの葉っぱの煮込んだものはとてもおいしく今度作り方を教えてもらうことになり、とっても楽しみです。

南アは治安も悪く、いつも車移動でなかなか気分転換もしにくいのですが、食いしん坊な人にとっては食べることと料理することが結構いい気分転換、ストレス解消になります。

家庭菜園研修 の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2014年1月 6日 更新家庭菜園研修 フローレンスさん
2013年12月17日 更新家庭菜園研修~有機堆肥と液肥のその後~
2013年12月11日 更新家庭菜園研修 ~雨の中のモニタリングその2~
2013年12月11日 更新家庭菜園研修 ~雨の中のモニタリングその1~
2013年12月10日 更新家庭菜園研修~有機堆肥と液肥のつくり方~
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net