アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ネルソン・マンデラの誕生日に寄せて

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2012年7月25日 更新

先週7月18日は、ネルソン・マンデラの94歳の誕生日でした。さすがに、「南アフリカの父」のお誕生日。数日前から、TV、新聞、ラジオ...どこもマンデラ一色。さらに、数年前からこの日は、『ネルソン・マンデラ・デー』として国際的にも祝われるようになっています。マンデラ氏が南アフリカの民主化のために闘った67年間を祝って、この日に67分間のボランティア活動を行うことが、南アフリカ国内でも、国際的にも奨励されています。

ネルソン・マンデラ・デーの日のトップ記事ネルソン・マンデラ・デーの日のトップ記事

タウンシップの悩み

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2012年7月 6日 更新

JVCが活動するリンポポ州ベンベ郡の周辺9つの村のうち、ひとつはタウンシップを含みます。南アフリカで一般的に『タウンシップ』というと、ソウェトなど、アパルトヘイト(人種隔離)政策下で、都市周辺に設置された黒人強制居住区のことを思い浮かべますが、ここでは通称RDPハウスの立ち並ぶ、貧困層向けに作られた比較的新しいコミュニティを指します。RDPハウスとは、政府の復興計画(RDP=Re-development Plan)の下、貧困層向けに建設された家のことを言います。

南ア事務所お引越し パート2

南アフリカHIV/エイズプロジェクトマネージャー 冨田 沓子
2012年7月 6日 更新

ベンベ郡に新しい事務所がようやく開設されました。

プロジェクト地からは、車で30~40分。リンポポ州で3番目に大きい街、マカド(旧名:ルイス・トリハード)に事務所を構えることになりました。以前は、事業を実施する村の中に、プロジェクト担当の日本人が住み込んでいましたが、通信や交通の便、またパートナー団体との距離感などを考慮して、少し離れた中心街に事務所をもつことにしました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net