[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[9ヵ国での活動へ]
[パレスチナでの活動へ]
[壁により分断された地域ので学校健診・保健教育]
[子どもの栄養改善支援]
[収入創出支援]
[平和創造・平和構築]
[アドボカシー]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[タイでの活動へ] [南アフリカでの活動へ]
[アフガニスタンでの活動へ] [イラクでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
twitterやってます。
[JVCブックレット刊行へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[JANICアカウンタビリティセルフチェック2008を実施しています]
トラウマ(心的外傷)を持つ子どもたちの
言語・音楽療法の支援
 
2006年6月9日 更新
[現地スタッフ]

パレスチナ事業担当: 藤屋リカ

パレスチナ自治区では子どもの9割以上は不安や恐怖を感じているといわれ、多くは悪夢、夜尿、集中力の低下などなんらかのトラウマ (心的外傷)の兆候があると報告されています。

ベツレヘム地区は2000年から2002年まで激しい銃撃戦が続き、外出禁止令や戦車や軍用ジープ による監視なども日常的にありました。
現在、特にその時期に乳幼児期だった子どもたちに多くのトラウマの症状がでています。

JVCは、ベツレヘム地域唯一の、重度のトラウマを抱える子どもたちに治療と教育を提供している 特別学校「ホーリー・チャイルド・プログラム(HCP)」との共同で、 言語療法や音楽療法によるトラウマのケアを支援しています。 言語療法・音楽療法それぞれの専門家による療法の実施に加え、学校の スタッフのトレーニングも同時に行っています。

過去の関連記事
No.148 ホーリー・チャイルド・プログラムでの活動 2006/2/23
No.142 ホーリー・チャイルド・プログラム(2) 2006/1/12
No.140 ホーリー・チャイルド・プログラム 2006/1/5




 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ