[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[9ヵ国での活動へ]
[パレスチナでの活動へ]
[壁により分断された地域ので学校健診・保健教育]
[子どもの栄養改善支援]
[収入創出支援]
[平和創造・平和構築]
[アドボカシー]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[タイでの活動へ] [南アフリカでの活動へ]
[アフガニスタンでの活動へ] [イラクでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
twitterやってます。
[JVCブックレット刊行へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[JANICアカウンタビリティセルフチェック2008を実施しています]

子どもの栄養改善支援(ガザ地区)

 
2008年11月4日 更新
[現地スタッフ]

パレスチナ事業担当: 藤屋リカ

活動概要

慢性的な人道危機状態が続いているガザ地区では、60%以上の人々が食料不足に苦しんでいます。特に影響を受けているのは子どもたちで、栄養失調や貧血の割合が非常に高く、彼らの成長が妨げられています。

JVCでは国際NGOや現地のNGOと共同で、ガザ地区で子どもの栄養改善事業を行っています。幼稚園を拠点に鉄分強化牛乳と栄養ビスケットの配給をするとともに、幼稚園関係者、園児、保護者への栄養教育を行っています。パレスチナ経済を助けるため、現地で生産した牛乳やビスケットを用い、壊滅的な経済状況を改善する一端を担っています。また、状況の悪化に伴う対応として栄養失調児の治療支援も実施しています。

◆2009年度報告

ガザ地区内にある4つの幼稚園に通う子どもたち(320人)に鉄分強化牛乳と栄養ビスケットを週6日配給しました。また、ガザ地区で唯一子ども栄養に特化したNGO「人間の大地」の栄養センターを通して、栄養失調児に対する治療用栄養食の提供を支援しました。

◆2010年度計画

引き続き地元製品を使いながら、幼稚園での牛乳とビスケットの配給を行います。また、栄養失調児への治療用栄養食の配給も継続して行う予定です。


ガザ地区の状況について

ガザ地区の現状

現地便り『パレスチナ最新情報』よりガザ関連記事

年月 記事No
タイトル
記述者
2010/12 435 ガザ:オヤジたちの「調理実習」 福田直美
434 ガザ:ヒヨコがかえった! 福田直美
2010/11 433 ガザ:地域で頑張る女性たち(2) 福田直美
2010/10 431 ガザ:養鶏の難しさ 津高 政志
2010/9 427 ガザ:ガザ産のビスケットもおいしい! 福田直美



 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ