[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
[特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター]
 
[JVC団体案内へ]
[9ヵ国での活動へ]
[パレスチナでの活動へ]
[壁により分断された地域ので学校健診・保健教育]
[子どもの栄養改善支援]
[収入創出支援]
[平和創造・平和構築]
[アドボカシー]
[カンボジアでの活動へ] [ラオスでの活動へ]
[タイでの活動へ] [南アフリカでの活動へ]
[アフガニスタンでの活動へ] [イラクでの活動へ]
[北朝鮮での活動へ] [スーダンでの活動へ]
[調査研究・提言へ]
[JVCに募金へ]
[JVCに入会へ]
[ボランティアへ]
[出張講演・資料貸出へ]
[書籍・開発教育へ]
[メディア掲載へ]
[JVCマンスリー募金へ]
[東京事務所スタッフ日記へ]
twitterやってます。
[JVCブックレット刊行へ]
[JVC国際協力ポストカード発売中]
[JVC国際協力コンサート]
[JVCメルマが登録へ]
[JVC会員専用ページへ]
[ビデオ「カンボジア農村開発」へ]
[JVCキッズページへ]
[JVC WEB担当者ブログへ]
[JANICアカウンタビリティセルフチェック2008を実施しています]

「壁」により分断された地域での学校健診・保健教育(東エルサレム)

 
2010年5月12日 更新
[現地スタッフ]

パレスチナ事業担当: 藤屋リカ

活動概要

■病気の早期発見につながる健康診断

エルサレム周辺では、入り組んだ「壁」や巨大な入植地により、パレスチナの人々の日常の移動が著しく制限されています。「壁」は国際司法裁判所が違法であるとの勧告的意見を2004年に出したにも関わらず、現在も建設が続いています。住民の保健サービスや教育へのアクセスは阻害され、地域社会そのものが麻痺状態に陥っています。 JVCは2006年からパレスチナの医療NGOと共同で、東エルサレム地区の学校や幼稚園を巡回し、子どもたちの健康診断や健康教育、先生や保護者への保健指導などを行っています。

◆2009年度報告

49の学校・幼稚園に通う園児・生徒約17,000人を対象に健康診断、健康教育を行いました。具体的には、病気を未然に防ぐための手洗い、栄養、シラミ対策の指導や、応急処置の講習を実施。この活動を通して見えた、「壁」が住民に与える影響を日本社会への発信やアドボカシー活動につなげました。

◆2010年度計画

新たに東エルサレム南部の4校を加え、約18,000人を対象に健康診断、健康教育を行います。また事業の継続性・効果の波及性の視点から、地域住民が医療チームの行う活動をそれぞれの地域(学校や社会施設等)に広げていけるような活動を目指します。


地域・対象 [パレスチナ地図]東エルサレム地区の学校や幼稚園

現地便り『パレスチナ最新情報』より関連記事

年月 記事No
タイトル
記述者
2010/11 432 東エルサレム:驚きの止血方法 津高 政志
2010/10 429 東エルサレム:生徒から生徒へ 津高 政志
428 西岸北部の診療所 津高 政志
2010/07 422 東エルサレム:サマーキャンプ 津高 政志
2010/05 407 東エルサレム:紛争と精神衛生 津高 政志



 
 


 問合せ・資料請求  リンク集  個人情報保護方針  リンク時のお願い

 
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はJVCおよびその関係者に帰属します。 サイトマップ