アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

東エルサレム:アブ・ディスのユースセンター

パレスチナ現地代表 小林 和香子
2008年4月26日 更新

東エルサレムにアブ・ディスという町があります。

エルサレム・エリコ道路を遮断する高さ8メートルの壁エルサレム・エリコ道路を遮断する高さ8メートルの壁

何千年も前からエルサレムとエリコを繋いできた、エルサレム・エリコ道路に面していて、エルサレムのベッドタウンとして栄えてきました。エルサレム旧市街から本来なら車で5分ほどの距離。ところが、この道路を「壁」が分断してからは、大回りをしなければならず、旧市街からは40分ほどかかるようになりました。その途中に検問所も設置されました。職や教育や保健サービスをエルサレムに頼っていた人々の多くは、それらから遮断されました。

アブ・ディスはパレスチナにとってはエルサレムの一部ですが、イスラエルのエルサレム市が「併合」した市管轄の外になります。従って、この地域に住む人のほとんどはエルサレムに居住したり、通勤したりするための永住権(通称「ブルーID」)を持っていません。

JVCは現地医療NGOと共同でアブ・ディスの幼稚園やセンターにも、健康診断や救急法コースを提供しています。今回訪れたのは、アブ・ディスにある、ユース・センター。センター長の話では、このセンターは2004年にアブ・ディスで初めて、男女両方の若者を対象にオープンしたそうです。センターは女性の美容師研修、リーダーシップ研修などを提供しています。

入植地マアレ・アドミム入植地マアレ・アドミム

どの政党とも関係せず、地域のあらゆる人に開放しており、アブ・ディスおよび近隣のアイザリア、サワヘル、シェイク・サアドの若者を対象にしています。これらの地域はアブ・ディスと一緒に、エルサレムから切り離され、後方の入植地マアレ・アドミムに挟まれ、完全に隔離された地域です。この地域にはアル・クッズ大学とアル・クッズ・オープン大学の二つの大学があり、研修の開催にあたっては、二つの大学の掲示板に張るなど、広く参加を呼びかけているそうです。

活気がある受講の様子活気がある受講の様子

今回、私たちはこのユース・センターから救急法の講習を頼まれ、出向くことになりました。ラムジー医師が講義を始めると、学生達は積極的に質問をしたり、怪我人の役を買ってでました。隔離され閉塞感が漂う地区にも関わらず、学生達は、ほがらかで前向きでさわやかでした。学生の1人が、「この地区には毎日のようにイスラエル兵士がやって来て、衝突も起きる。怪我人が出てもエルサレムの病院には行けないし、ラマッラーは遠い。閉鎖された地区だからこそ、せめて自分達で応急処置ができるようになりたい。是非、協力してほしい」とラムジー医師にお願いしました。

学生達の熱い思いに応えようと、ラムジー医師は11回の救急法のコースを提供することを約束しました。コースは大学が夏休みの間に実施する予定です。

アブ・ディスにあるユース・センターのセンター長と筆者(中央)アブ・ディスにあるユース・センターのセンター長と筆者(中央)

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net