アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

パレスチナ緊急レポート 第10弾

パレスチナ 佐藤 真紀
2002年4月30日 更新

JVCが国際NGOの協議体AIDAに参加し、ジェニンの病院へコンボイを送ってから10日がたった。その後の状況を視察するためにジェニン難民キャンプへ入った。

ジェニン病院の話では現在53体の遺体が収容されており、2体を除いて身元が確認されているという。また、行方不明者は約450名であり、イスラエル軍に逮捕されているか、すでに死亡している可能性があるという。国連の調査団がなかなかイスラエルに入れない中、パレスチナ自治政府社会福祉省などがキャンプの中で聞き込み調査を行っていた。

キャンプの真ん中はまるですっぽりと穴が開いたように家屋が破壊されている。自治政府の警察病院に勤務する医師の話では「一時間に20発以上のミサイル攻撃があった。そして瓦礫の山を見たとき、広島を思い浮かべた」という。「子どもたちは、自爆テロでも何でもいいから復讐したいと言っている。これでは、暴力が暴力を生むだけだ。でも子どもたちはこのような現実にされされている。ただ、復讐ではなく防衛をしなきゃいけないと言うしかない」と頭を抱える。

学校に通い始めた子供たち学校に通い始めた子供たち
妊婦には厳しい状況だ妊婦には厳しい状況だ

「殺された18歳の息子の写真を持ち歩き、訪れる人に「息子を返してくれ」と訴える女性。「シャロンを忘れない。許せない。そしてアメリカを許せない」という声があちこちで聞こえる。家屋が破壊され、今は広場となってしまった場所の中央には、イラクの旗が燦然と輝いていた。「アラブ社会も何もやってくれない。頼れるのはサダム・フセインしかいない」

事情を聞くJVCスタッフ事情を聞くJVCスタッフ

この活動への寄付を受け付けています!

月500円からのマンスリー募金で支援する

今、日本全国で約2,000人の方がマンスリー募金でご協力くださっています。月500円からの支援に、ぜひご参加ください。

郵便局から募金する

郵便局に備え付けの振込用紙をご利用ください。

口座番号: 00190-9-27495
加入者名: JVC東京事務所

※振込用紙の通信欄に、支援したい活動名や国名をお書きください(「カンボジアの支援」など)。
※手数料のご負担をお願いしております。

JVCは認定NPO法人です。ご寄付により控除を受けられます(1万円の募金で3,200円が還付されます)。所得税控除に加え、東京・神奈川の方は住民税の控除も。詳しくはこちらをご覧ください。

遺産/遺贈寄付も受け付けています。詳しくはこちらのページをご覧ください。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net