アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2017年3月31日

続いていかないねえ...

ラオス事務所現地代表 平野 将人
2017年3月31日 更新
なんだか私が巨大に見えます...なんだか私が巨大に見えます...

ある村で、おばあさんと話したときのこと。魚保護地区への女性の積極的な参加のためのスタディツアーに参加した方で、その時から会うたびに色々話しかけてくれます。

「あんたは子どもは何人いるんだい?」
「子どもはいないんですよ」
「ええ、いないの? それは困ったね。続いていかない」

結婚して10年、子どもがいないことについては、ラオスでいろいろな人にいろいろなことを言われてきました。そもそも「結婚しているか?」「子どもは何人だ?」「なんだ、いないのか!」といったことドンドン言ってくること自体日本ではあまりないことです。それを我々は通常「人と人の垣根の低いラオス」というふうに好意的に解釈するわけですが、性的な冗談に絡められることもあり、ラオス人も含めて嫌な思いをする人はいます。随分前ですが、酔っ払った村人にしつこくそういうことを言われたとき、やはり酔っ払っているけどもう少し正気な村人が一生懸命私に謝ったことを今でも覚えています。

さて、このおばあさんにはなんの他意もありません。この手の会話には慣れている私ですので普通に話していましたが、おばあさんはハッキリ「ບໍ່ສືບຕໍ່(続いていかない)」と言いました。なんだかハッとしました。単に結婚したらやがて子どもが生まれるのが普通、ということではなく、おばあさんは「継続」を真っ先に心配しました。

別に継続させないといけない名家の生まれではありませんし、おばあさんの言う「継続」が家のことなのか、それとも遺伝子を残すことで自分という存在を継続させることなのか、わかろうにも私のラオス語はそのレベルには達していません。ただ、なんとなくいつまでも忘れないだろうと思う一件です。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net