アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
2016年11月 7日

みんなでやるか、別々にやるか

ラオス事務所現地代表 平野 将人
2016年11月 7日 更新
完成した育苗小屋の前でポーズ完成した育苗小屋の前でポーズ

ある日、スタッフが私に相談があるといいます。ある村のラタン(籐)の栽培活動で、参加者共同の育苗小屋を作って共同で苗を管理するか、それぞれ自分の家で苗の面倒を見るか、どちらがいいだろう、という話でした。共同の場所でやる活動は広報効果があって苗が売れたりするメリットがあるし、またNGOはとかく「村人の共同作業」が好きです。一方で、育苗小屋の近くに住むメンバーばかり世話をすることになる、と不満が出るケースがある、とうのがスタッフの懸念でした。

私は「それぞれのやり方の特徴や懸念点を、過去の実例に基づいてメンバーに共有する。そしてメンバーが決定する。JVCはどちらも推さない、共有するだけ、それでいいんじゃない?」と話し、スタッフはそれで納得していました。

当日村に行くと、共同の育苗小屋設置に汗を流すメンバーたちの姿が。スタッフに「共同でやれって強制してないよね?」と冗談混じりに聞くと「違う違う、このほうが今後ほかの村人が関心を持って加入するかも知れないから、とメンバーが決めたんだよ!」とのことでした。なんだかこう、この仕事をしていてうれしくなる瞬間って、こんなときです。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net