アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ピーマイ―新年明けましておめでとうございます

ラオス現地調整員 渡久山 舞
2015年4月17日 更新

ラオスでは4月に新年を迎えます。仏歴を使っているため日本とはカレンダーがかなり違います。ラオスだけでなくお隣のタイ、カンボジア、ミャンマーもやはりこの時期に新年を迎えます。「あけましておめでとう」は「ピーマイラオ」といい、「ピー」は"年"、「マイ」は"新"の意味です。
「マイ」と言えば、私の名前と同じです。私はラオス語で「新しい」という意味なので「新しい人」ということで覚えてもらいやすいです。

さて、新年と言えば何をするのかと言うと"水掛け"をし皆で飲食をして祝います。ピーマイは別名「水掛祭り」とも称されます。昨年の悪いことを洗い流し、新年を迎える、という訳です。寺院では仏像にお水をかけています。また、家族でお祝いする際は、子供は両親の前にひざま付き、水をそっと両親の手にかけます。すると両親は祝福の手で頭をなでます。

ここまでは神聖な儀式のようですが、本番はこれから。

街中に出れば、道沿い至るところに水タンクを出して水を一杯入れバケツやホースで通行人、通行車誰かれかまわず水を思いっきりぶっかけるのです。道路も人も物も水浸しです。なので、財布や携帯を守るため専用(?)の袋に入れて首にかけて持ち歩き、さらに携帯電話をラップで巻きます。

私は自転車ユーザーですが水の勢いで道路に押されて車に轢かれるのではないかと恐れながら走行しました。また、ここぞとばかりに「温和」なイメージのラオス人も我を忘れたように騒ぎまくります。やっぱり道沿いに巨大なスピーカーを出し、大音量で音楽をかけて踊ります。家では昼からお酒を飲み交わして大はしゃぎです。このため、飲酒運転が激増し、交通事故が頻発します。

お店は当然皆閉めてしまい、あわや食料難民でした。どこか開いているところはないかと散策しましたが、びしょ濡れ無収穫で家に逃げ帰ることしかできませんでした。何とか近くに住むスタッフに食べ物を恵んでもらってしのいだのでした。

この時期にラオスにお越しの際はお気をつけください。ラオスの違う側面が見れる機会でもあります。

JVC事務所でもお祝いをしました!真ん中にあるのは「バーシー」というお祝い時に必ず用意するもの。バナナの葉でできていて、パークワンと呼ばれる。 JVC事務所でもお祝いをしました!真ん中にあるのは「バーシー」というお祝い時に必ず用意するもの。バナナの葉でできていて、パークワンと呼ばれる。
両親に祝福をしている様子。右上は農業担当のラオス人スタッフ両親に祝福をしている様子。右上は農業担当のラオス人スタッフ
バーシーの紐を祝福の願いをかけながら一緒にお祝いをしている人の手首につける。バーシーの紐を祝福の願いをかけながら一緒にお祝いをしている人の手首につける。
外にお披露目された仏像に水をかける参拝者外にお披露目された仏像に水をかける参拝者
街中どこも水の掛け合い。ホースで水をかけている。街中どこも水の掛け合い。ホースで水をかけている。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net