アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

わんこシリーズ

現地調整員 林 真理子
2014年6月24日 更新
20140731-laos-11.jpg

ラオスのわんこを一挙公開です!
ラオスは野良犬が多いですが、ラオス人は犬好きなので犬を飼う人も大勢います。今日は、スタッフが家で生まれた仔犬を事務所に連れてきてくれました。ちなみに、今日を最後に売られて行きます(笑)

この仔犬(下)は5月にフラーっと事務所の中に入ってきて1日事務所内で甘えて過ごした犬。次の日には事務所におらず、その後見ていません。

20140731-laos-12.jpg

この仔犬(下)は、2月にスタッフが拾ってきた仔犬です。スタッフがフィールドに出てしまうと事務所で面倒がみられない(事務所に常時いるアドミンスタッフは犬嫌い)ため、この仔犬はスタッフが住む家の大家に貰われていきました。

20140731-laos-13.jpg

引越し祝い

現地調整員 林 真理子
2014年6月15日 更新
20140731-laos-9.jpg

スタッフが引越しをしたため、引越し祝いのパーティーに参加してきました。いつものとおりバーシーの儀式でお祝いしますが、飲んでカラオケしての大盛り上がりでした。

座っている右から2番目がスタッフ。バーシー儀式の途中で、ラオラオ(お酒)を飲まされている模様。

共有林(コミュニティ・フォレストのオープング

現地調整員 林 真理子
2014年6月11日 更新

今日はアサポン郡のナケー村で共有林のオープニング・セレモニーがありました。ナケー村では昨年度前期より共有林設置活動を開始し、村内で設置ルールの協議を重ね、GPSで指定区域を計測し、近隣村からの合意もとりつけ、やっと正式に共有林が設置されることになります。村人が保全のためのルールをしっかりと守り、豊かな自然資源に恵まれ村人の生活を支える共有林になりますように。

20140731-laos-8.jpg

写真は、オープニング記念に、村の中心にある学校に木を植樹している様子です。これらの木は共有林にも植えられました。

「道の駅」いろいろ

現地調整員 (個人名削除)
2014年6月 3日 更新

日本では、1991年に国土交通省が「道の駅」の設置を試験的に開始し、その後、「道の駅」は、ドライバーたちが休憩し、地域の特産品を物色する場所として、全国に広がっていった。2014年4月現在、日本には、1,030もの「道の駅」が存在する。幹線道路沿いに設置された「道の駅」には、新鮮な農産物、郷土料理、手工芸品などの地域の特産品が並べられ、幹線道路を走るドライバーたちの目を惹きつけている。

ラオスで、JVCローカルスタッフと一緒に車でフィールドに行く時は、必ずといってよいほど、ラオス版「道の駅」に立ち寄っている。今回は、これまでに立ち寄った色々なタイプの「道の駅」を紹介してみたい。

これは、幹線道路沿いにあるということで、日本の「道の駅」と立地の面で共通項があるラオス版「道の駅」である。しかし、「道の駅」の建物を見ると、ラオスらしさが伝わってくる。植物素材で編み込まれた屋根が、竹の柱で支えられ、手作り感・地元感があふれている。ここでは、マンゴーやラタンなどの他、調理した昆虫も販売されている。ラオスでは、昆虫食は、長距離ドライブのお手頃な「おやつ」のようである。

ラオス版「道の駅」ラオス版「道の駅」
昆虫食は「ドライブの友?」昆虫食は「ドライブの友?」
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net