アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

アサポン郡のナハンノン村へ行きました。ナハンノン村には村の共有林があるのですが、その共有林がきちんとしたルールのもと管理されていないため、JVCの支援を受けて、共有林の活用と保護をしていきたいとのことです。今日は、村長や村の中心役の人たちと共有林の利点や規則についての説明を行いました。

20140731-laos-3.jpg

写真は村人との会議の様子。昼間は農作業に忙しいため、夜会合を行いました。

安全な国、ラオス

現地調整員 林 真理子
2014年3月12日 更新

家族がビエンチャンに住んでいるため、月に2度ほど、週末にビエンチャンへ行くのですが、写真は家族が住むマンションでの一枚。

20140731-laos-2.jpg
ビエンチャンからサワナケートに戻る早朝の飛行機に乗るため、マンションを朝5時に出た時、警備員が倒れてる...?! と一瞬心配しましたが、爆睡でした。この後、車のエンジンをかけても起きず、スヤスヤ zzz....
治安が悪くなりつつあるビエンチャンですが、それでもこんな警備が通用してしまうラオスです。

24時間歩き続ける女性たち

現地調整員 (個人名削除)
2014年3月 4日 更新

米銀行への米の返却状況をチェックするために村を訪れた日、竹棒に農産物らしきものをかついで行商する女性たちの一行に出会った。私は、彼女たちが何をかついでいるのか興味津々で、JVCのローカルスタッフに、「ねぇ、彼女たちが何を売っているのか、たずねてみて」とお願いした。すると、「ラタンを売り歩いている」と教えてくれた。なんと彼女たちは、午前1時に自分たちの村を出発したという。私は思わず自分の腕時計を見た。午前9時45分であった。そして、その腕時計をローカルスタッフに見せながら、「深夜から朝にかけて8時間以上も歩き続けているってこと?」と、私は驚きの声をあげた。

森で採取したラタンを売るために24時間歩く森で採取したラタンを売るために24時間歩く
買う人がラタンを選ぶ時は、しゃがんで休憩?買う人がラタンを選ぶ時は、しゃがんで休憩?

友人との別れ

現地調整員 林 真理子
2014年3月 2日 更新

ちょうど私と同じ時期にサワナケートで駐在を始めた、仲良しのドイツ人が駐在を終え、国に帰ることになりました。彼女は農業支援をするGAA (Gerrman Agro Action)というドイツNGOの現地代表で、仕事の良き相談相手でもあり、プライベートでも頻繁に会う友達だったので、彼女がラオス(とくに娯楽が少ないサワナケート)を去ることはとても寂しいです。

20140731-laos-1.jpg

写真は、彼女が自宅のヘーンパトゥー(庭に設置されている神棚のようなもの)に、最後のお礼を告げている写真です。私自身も、駐在の第2ラウンドの始まりのような気持ちになりました。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net