アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ラオスMonthly report(2014年3月)

現地調整員 (個人名削除) 現地調整員 林 真理子
2014年5月20日 更新

農業・農村開発

稲作技術改善

JVCでは、稲作技術改善のために、苗の植え方や有機肥料の作り方などを指導している。日本では、田植えの時期になると、苗が1本ずつ、等間隔で水田に植えられる。ラオスでは、伝統的に、10本ほどの苗が一緒に植えられてきた。しかし、10本の苗を一緒に植えると、土の栄養分を10本の苗が奪い合うので、健全に生育せずに枯れてしまう苗があり、結果的に米の生産性が低くなってしまう。そこで、JVCでは、10本ひとかたまりの植え方ではなく、本数を減らして苗を植える方法を指導している。この手法は、SRI(System of Rice Intensification: SRI)と呼ばれている。

JVCがプロジェクト第1フェーズでSRI研修を開始した頃は、幼苗の1本植えを村人に紹介していた。しかし、1本植えだと、水田に生息している小ガニに苗が食べられてしまうことを村人が恐れるので、最近では、1本植えにこだわらず2~3本植えでもOKということでSRIを紹介している。

今月は、乾季にSRIで稲作を実施しているモデル農家(ピン郡サイソンブン村)を訪問し、稲の生育状況のモニタリングを行った。水田の横に灌漑用の水路があるので、乾季でも稲作を行うことができる。SRIのモデル農家ということで、水田をSRIとNon-SRIに分けて利用し、生育度合や収穫状況の違いを示すことに協力してもらっている。2月下旬にモデル農家を訪問した時は、1月に植えられた苗が順調に成長しており、水田の緑が目にまぶしかった。

Non-SRIの田んぼNon-SRIの田んぼ
SRIの田んぼSRIの田んぼ
団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net