アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

ラオスMonthly report(2014年1月)

現地調整員 (個人名削除) 現地調整員 林 真理子
2014年2月 4日 更新

農業・農村開発

米銀行

米銀行の説明(日本語版)は、こちら

ラオスでは、11月下旬から12月にかけて米の収穫期を迎える。米の収穫を終えた村人は、1月になると米銀行から借りた米を返却にやってくる。収穫期直後の1月から数カ月は、ほとんどの村人にとって米が足りている状態であるが、毎年、5月頃になると、前年12月に収穫した米のストックが尽き始める。毎年6月1日に米銀行をオープンし、村人に米の貸出を開始する。利子は、村人の話し合いによって決められているので、村によって利子が若干異なるが、だいたい10%~15%である。100キロの米を借りた村人は、115キロ返さなければならない。

今月(1月)は、米の返却状況の確認のために対象村を訪問し、米銀行委員会のメンバーと会合を行った。返却率が高い村では、(1)村内の結束力が高いこと、(2)米銀行委員会の役員の責任感が強いこと、などの特徴があげられる。一方、返却率の低い村では、この逆の特徴が見受けられる。1月中旬に訪問したある村では、ほとんど誰も米を返却していなかった。その理由をたずねたところ、「たくさん米を借りた村長が、全然返却していないのだから、自分たちは返却したくない」という返事が返ってきた。その後、村長を訪問し、借りた米を早く返却するようにお願いしたところ、3回に分割して返却するとのことで、1回目の返却を行った。その後、その村では、他の村人も米の返却を開始した。

団体案内
JVCの取り組み
9ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net