アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

「避難民」が出るのはなぜ?‐(1)イラク人の分裂を招く多国籍軍の駐留と制裁の傷跡

イラク事業現地調整員(ヨルダン駐在) 田村 幸恵
2007年10月 2日 更新

イラクでJVCが開始する食糧援助は、外国に逃げることもできず、また治安上、命が危なくなって避難した人々への援助である。2006年、シーア派聖廟を爆破してから、爆発的に避難民が増えている。なぜ避難民が出ているのか、今回はイラクにおける多国籍軍の「治安維持」の実態という側面から、考えてみたい。
 
イラク戦争直後、各国はこぞって復興支援のための援助を約束した。国連などの国際機関もイラクに入ったが、多国籍軍によるイラクの市民を巻き込む攻撃は後を絶たず、無法地帯と化した商店街や公的施設の略奪があった。国連事務所の爆破に始まった自動車爆弾テロ、民兵の市民への襲撃と民兵同士の争いはこの4年間ずっと続いている。しかし惨状の報道だけでは、イラクの現状が彼らの野蛮さや残酷さゆえではないことがわからない。
 
アンマンに逃れてきた人は、ほぼ90%繰り返し「多国籍軍は出て行ってほしい」という。多国籍軍は、略奪を放置し、監獄をあけて、間接的にイラク人に罪を犯したのだと彼らは訴える。また、民兵に武器を供与してイラクの治安の悪化を招いているのはアメリカ軍そのものであるし、アル‐カーイダを「狩る」といって、一般市民の不当逮捕や夜半の家宅侵入は日常茶飯事だという。そもそも多国籍軍が多くの混乱を引き起こしたのだ、というのがイラク人共通の見解だ。
そして、口をそろえてアル‐カーイダは戦後イラクに入ってきたという。

「避難民」が出るのはなぜ?‐(2)イラク政府の機能停止と緊急援助

イラク事業現地調整員(ヨルダン駐在) 田村 幸恵
2007年10月 2日 更新

国内避難民は、2006年の2月から増えはじめ、今や150万人に達したと言われている。一方で、多国籍軍はアル‐カーイダ掃討は進んでいると発表してイラクにおける空爆や戦車からの爆撃、狙撃を繰り返している。難民の叔父は、早朝寒い日に頭を布で巻いて出かけたために、テロリストと間違えて多国籍軍に狙撃されたという。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net