アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website
  • HOME >
  • イラクウォッチ
現地ブログ from イラク

イラクウォッチ

イラクでは、現在も武装組織「IS」との戦闘が続き、たくさんの人々が住む場所を追われて「避難民」となっています。その多くは、子どもたちです。JVCは、現地NGOであるインサーンと協力して、キルクークに避難してきた子どもたちが安心して集まれる「居場所」を提供しています。このブログでは、インサーンによる現地での活動のことや、イラクに関連するニュースをお届けします。

最近のイラク国内治安状況

イラク事業担当 原 文次郎
2008年12月19日 更新

治安状況

2007年2月から継続する米軍増派による治安作戦の強化と、イラク治安部隊による武装勢力掃討作戦が功を奏したとされ、2008年前半までの間にイラク全体の治安状況は改善に向かった。しかし、ラマダン前後の2008年9月以降、バグダッド市内および近郊地域における仕掛け爆弾による攻撃や自爆攻撃、要人を狙った狙撃などの攻撃は再び活発化の様相を見せている。
治安改善の主な要因として、スンニ派とシーア派の政治勢力の対立とそれに伴う殺し合いが、政治勢力の一定の均衡状態によって収まりを見せていることにある。しかし、根本的な融和策が取られていないので、一時的な均衡が崩れれば元に戻る危険性を含んでいる。
一方で、民族的、宗教的な少数派に対する迫害は止まず、10月には北部モスル市内のキリスト教徒が殺害の警告を受けて一時的に市外に退避する事件も起きている。
また、クルド地域とアラブ地域の境界を巡り、クルド自治政府とバグダッドのイラク連邦政府の間の確執も表面化しており、今後、クルド人とアラブ人の間の対立が深刻化するという新たな治安リスクも抱えている。

最近のイラク国内経済状況

イラク事業担当 原 文次郎
2008年12月19日 更新

経済状況

イラク政府の公式発表の数字によれば、イラク産原油の採掘設備の修復が予定通り進捗し、原油輸出量は計画通りの回復を見せている。2008年前半までは世界的な原油高の傾向が後押しし、イラク政府の石油輸出収入も当初予算以上に拡大したが、後半の石油価格の値下がりにより、最終的には政府の歳入は計画値を下回り、予算カットが進められている。失業率が60%とも言われの高いイラクの中でかなりの人数が政府関係の仕事を得ているが、待遇改善のために今年前半に給与の引き上げが行われた一方で、後半の歳入減に伴い、首切りが増えたとの話もある。

最近のイラク国内政治状況

イラク事業担当 原 文次郎
2008年12月19日 更新

地方議会選を巡る動向

当初、2008年10月実施を予定していた地方議会選挙が、根拠法の制定に手間取り延期され、最終的に、2009年1月31日実施予定で手続きが進められている。連邦議会での審議遅延は、クルド地域との境目であるキルクーク市を県都とするタミーム県の県議会の議席配分を巡り、クルド、アラブ、少数派のトルコメン、キリスト教徒の政治勢力の間での合意が取れなかったため。最終的にタミーム県での県議会選挙は先送りされ、今後の処置を決める特別委員会の審議結果(2009年6月末まで)と、キルクーク市の所属を決める直接投票(2009年末まで)の結果に任された。今後のクルド地域とアラブ地域の線引きを巡る争いの火種が残されている。

イラク-アメリカの安全保障協定協議に問題が立ちはだかる

2008年度イラク事業インターン 森 若奈
2008年8月 5日 更新

イラクにおけるアメリカ軍の存在に根拠を与えている国連の決議が2008年末に期限切れとなるため、イラク・アメリカ両政府は7月31日を期限として安全保障協定締結のための協議がなされていたが、物別れに終わった。[1]

イラクにおける民軍関係−Humanitarian-Military Interactions in Iraqブリーフィング−

JVC代表理事 谷山 博史 2008年度イラク事業インターン 森 若奈
2008年7月25日 更新

JVCもメンバーになっているNGOの連合体NGO Coordination Committee in Iraq(NCCI)からレポート"Humanitarian-Military Interactions in Iraq"[1]が2008年1月に出されている。PRTs(Provincial Reconstruction Teams、地域復興チーム)に代表される軍主導の民生支援に対して、現地で活動するNGOが声を挙げたかたちだ。

2008/6/19版

JVC代表理事 谷山 博史 2008年度イラク事業インターン 森 若奈
2008年7月18日 更新

「我々は貧しい国ではない」マーリキー首相、投資と開発に協力を求める

5月29日にストックホルムにおいて、約100カ国と国際機関が参加するイラク・コンパクト第1回年次レビュー閣僚級会合(International Compact with Iraq)が開催された。会議は、イラクの安定と政治的和解のために、昨年シャルム・エル・シェイクでの支援国会議で採択された協定により、イラクの前進を評価する目的で開かれた。会議において、バン国連事務総長はイラクは「我々が恐れていた最悪の事態から脱した」が、状況は「依然不安定」だと述べ、イラクの復興のために国際的な取り組みを賞賛した。[1]

2008/6/4版

2008年度イラク事業インターン 森 若奈
2008年6月 5日 更新

イラク国内避難民の今

2006年2月のサーマッラーにおける、シーア派モスクへのテロ以降、イラクでは治安が大幅に悪化した。それ以降、吹き荒れる暴力の嵐によって、240万人の避難民と、200万人を越える国内避難民(Internally Displaced People、以下IDP)が発生している。[1]

2008/5/28版

2008年度イラク事業インターン 森 若奈
2008年5月29日 更新

アルカーイダ掃討にやっきになる政府、そしてゴーストタウン化したモースル

5月10日にモースルのイラク治安部隊は作戦を変更し、イラクのアルカーイダ掃討作戦は本格化した。モースル市には外出禁止令が出されている。マーリキー首相は現地に向かい、内務大臣と防衛大臣と共に自ら現場の指揮をとっている。外出禁止令が出された市は「ゴーストシティー」だと、The Independentの記者は伝える。[1]

2008/5/14版

2008年度イラク事業インターン 森 若奈
2008年5月14日 更新

「イラク・ウォッチ」について
イラク戦争から5年が経った今も混乱が続くイラク。治安や政治の状況は目まぐるしく変化していますが、日本での報道は年々減ってきています。このコーナーでは、イラクの政治や治安の状況を隔週でまとめてお伝えしていきます。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net