アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

現地で協力してくれているNGO団体スタッフからのレポート

JVCイラク事業チーム補佐 中野 恵美
2018年6月18日 更新

JVCイラク事業の現地パートナー団体であるインサ―ンから活動地であるイラク・キルクーク現地の状況を伝えるレポートが届きました。団体スタッフのアリ―さんが執筆してくれたものです。

キルクークの現在の状況

インサーンは、イラク社会に社会的・文化的な「気づき」を広め、平和・人権・公平な参加を促進するために活動しています。そして、イラクの人々を苦しみから解放し、エンパワメントを進めることを目指しています。特に紛争の被害に苦しんでいる人々、中でも女性と国内避難民を主たる支援対象としています。

インサーンは、キルクーク県の中でもっとも活発なNGOのひとつで、多様性のあるコミュニティの中で、コミュニティの一体感を高め、平和共存を進めています。

2017年10月、イラク中央政府は、自国民に対して軍隊を使わないという憲法と法律を破り、キルクークに侵攻しましたが、クルド人部隊であるペシュメルガは、人々の命と暮らしを守るために、あえて戦いませんでした。

数千人のクルド系と非アラブ系の人々が、スレイマニヤやアルビルなどの近隣の県に避難しました。イラク中央政府は、治安維持軍や警察署などのトップを解任し、中央政府側の人物に替えました。中央政府は、新しい規則を作り、クルド自治政府系の組織を追放し、平和共存のために活動するNGOも追放しようとしています。

治安状況の悪化に加え、この規則の変更により現地NGOの多くがキルクーク県内で活動することができなくなってしまいました。中央政府およびキルクーク県の新しい行政当局が、クルド自治政府から活動の許可を得ていた現地NGOに、活動する許可を与えなかったためです。これにより、上記のNGOは、一切の活動ができなくなっています。さらに、中央政府とクルド自治政府の対立により、多様な背景を持つコミュニティの平和共存に悪影響を及ぼし、市内においても民族間の緊張が高まっています。

インサーンは、中央政府にNGO登録しているため、キルクークで活動できているほぼ唯一の現地NGOです。今こそ、平和共存のためにこれまで以上に努力し、この地域で人々のつながりを再び取り戻さなければなりません。特に、キルクークの子どもたちは、平和共存の概念を学ぶために「平和のひろば」による、より一層の支援を必要としています。イラクの子どもたちが生き延び、再び暴力の渦に巻き込まれないようにするため、日本のみなさんの支援を必要としているのです。私たちの活動へのご支援をお願いいたします。

アリー・ジャバリ

The Current situation in Kirkuk

INSAN is dedicated to spread social and cultural awareness in the Iraqi Society, and to promote a culture of Peace Building, Human Rights and Fair Participation. INSAN aims at relieving the suffering and empowering Iraqi people, in particular vulnerable persons and victims of conflict, especially women and internally displaced persons. INSAN is one of the most active NGOs in Kirkuk Governorate, working to enhance community cohesion and establish a peaceful co-existence among diverse community backgrounds.

In October of 2017, the Iraqi central government has break-out the constitution and the laws of not using forces against their population. Although, Kurdish Peshmergah forces didn't face the army in order not get in struggle or battle in order to save the civilian lives.

This situation led to displace thousands of Kurds and non-Arabs to the neighbor governorates such as; Sulaimaniyah and Erbil. The Iraqi central government has changed the administration directorates including the security forces and police station administration. They established a new rule in the governorate seeking to push out all Kurdistan Region Governorate (KRG) authorities and administrations including NGOs who were working in the governorate serving diverse community.

Deteriorating to the security situation, many local organizations couldn't be able to work in the governorate because of the new rules, where the central government and the new local authority didn't permit them to work, since they just have a registration certificate of KRG, also the other decisions which were issued by the Kirkuk Provincial Council which states to prevent the organizations who have KRG certificate. Recently, all those organizations can't execute and conduct any activities or events, also the current conflict between Baghdad and Erbil has affected the peaceful co-existence between the diverse community backgrounds and the tenses has spread among the ethnicities in the city.

INSAN Iraqi Society as local organization registered in the central government is allowed to work in Kirkuk. This situation is pushing us to raise our efforts to sustain peaceful co-existence and create the spirit of brotherhood again in the governorate. in particular Kirkuk's children needs more support and efforts to reach community cohesion and peaceful co-existence through the activities of the Peace Yard.

INSAN organization seeks the support of the international community to obtain a better life for the children and enhance peace-building. We need Japanese friends support to survive our children and to prevent the increase of the conflicts in order not to turn into violence.

Aari Jabari

アリー・ジャバリさんとは

来日中のアリ―さん。いい笑顔です。来日中のアリ―さん。いい笑顔です。

1972年バグダッド出身。大学院でコンピュータサイエンスを学んだあと、 バグダッドで国際NGOの職員として働く。2005年、友人たちと共にINSAN-Iraqi Society(インサーン)を設立、主にキルクークにて、住民間の緊張緩和と平和醸成のための活動および国内避難民支援に従事。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net