アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

イラクでは、「イラク・シリア・イスラム国(ISIS:Islamic State of Iraq and al-Sham)」と名乗る武装組織が6月に入り攻勢を強め、戦闘や襲撃により多数の犠牲者を出しながらイラク第2の都市であるモスルを含む広い範囲を支配下に置きました。ISISは、さらに首都バグダッドに向け攻撃を続けており、一方イラク政府は、軍用ヘリコプターからの空爆などによる反撃を本格化させている模様です。米国は、軍事行動を含むイラク政府支援策を検討中で、今後全面的な戦争に突入してしまう可能性も出てきています。

JVCのパートナー団体であるインサーン(INSAN)があるキルクーク県は、郊外の一部がISISの支配下に置かれたものの、クルド自治政府の治安部隊が展開していることもあり、比較的安定しているようです。近隣地区から多数の避難民が流入しているとのことです。

現在のイラクの状況は、「イスラム教シーア派とスンニ派の間の宗派対立」と単純に報道されがちですが、その背景には社会的・経済的格差、それによる分断の問題があると思います。加えて、11年前に米英を中心とした国々が、ありもしない大量破壊兵器の存在を理由にイラクに戦争をしかけて社会を崩壊させてしまい、その後も混乱が続いていることに対する人々のいら立ちや絶望が、反政府武装勢力の台頭を許している側面があると思います。

日本もイラク戦争に協力したので、現在のイラクの混乱の責任の一端は、私たちにもあるといえます。

JVCは、引き続き情報を集めて状況を見極めながら、インサーンの支援継続を含め今後の方向性を検討していきます。

そのインサーンがこれまで行ってきた、子どもたちとつくる地域の平和ワークショップのようすを、現地からの報告書を通してお伝えしたいと思います。民族や宗派の違いを越えたイラクの人々の取り組みが、ふつうの人たちの間に「融和のタネ」をまいていることを願っています。

※「子どもたちとつくる地域の平和」ワークショップ2009年12月~2010年2月報告書はこちらのPDFをご覧ください。
「子どもたちとつくる地域の平和」ワークショップ報告書(2009年12月~2010年2月).pdf

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net