アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

農林水産省が来た!

カンボジア現地調整員 大村 真理子
2018年1月23日 更新

到着翌週、農林水産省の視察

カンボジアから、大村です。今日の気温は29℃。乾季に入り、過ごしやすい日が続いています。今日は到着翌週の2017年12月18日~20日に行われた、カンボジアの農林水産省職員3名による活動視察の様子をレポートしたいと思います。

カンボジアでNGOの活動をするには政府との取り決めが必要で、私たちJVCはカンボジアの農林水産省と覚書を交わしています。この覚書の中では農林水産省の職員による視察についても約束が交わされており、今回の活動視察がありました。到着翌週の任務ということでドキドキしていたのですが、何とか終えることができました(ほっ)。

手前、PCを使って活動進捗を報告しているのがJVC職員のコン。その向かいに座っている3人が、今回来訪した農林水産省の皆さんです手前、PCを使って活動進捗を報告しているのがJVC職員のコン。その向かいに座っている3人が、今回来訪した農林水産省の皆さんです

食品加工研修の視察

今回の視察では、時間が限られていることもあり、活動村でとれる野菜や植物を使った食品加工研修と、小学校や地域の方々と協力しておこなう植林活動をメインで視察していただきました。(各活動詳細

まずは食品加工研修。現在、村でとれるものを活用して色々な加工品を作ることに挑戦しています。いずれは商品化?なんていう声も聞こえてきそうですが、現在は「まずは加工品をつくる」研修を地道に行っています。講師は、JVCの職員ではありません。以前はJVCの職員が講師を務めることもあったのですが、今は、昔研修を実施していた別の村の女性に講師として来ていただき、研修を行っています。研修受けていた側の女性が、今は講師として教える側に回っているのは大変嬉しいことです(このことも今度詳しく書きたい!また書きますね)
視察当日は、村でとれる大根とレモングラスをつかった加工品の研修を行いました。大根の漬物と、レモングラスティーです。

下準備。皆で大根洗い中・・・下準備。皆で大根洗い中・・・
2グループに分かれて、こちらはレモングラスを炒っています。右は講師の女性2グループに分かれて、こちらはレモングラスを炒っています。右は講師の女性

大根は洗って切って塩をもみこんで干してビンへ。レモングラスは茎と葉を分けて切って炒って乾燥させてお茶に。どちらも手順はシンプルですが、保存可能期間が抜群に延びることもあり、村の皆さんからも好評です。

大根:下準備の後は、塩もみ大根:下準備の後は、塩もみ
大根:手順をすべて終えたら、乾燥に大根:手順をすべて終えたら、乾燥に
レモングラス:茎と葉を切った後。いい香り!レモングラス:茎と葉を切った後。いい香り!
レモングラス:レモンの風味が爽やかなお茶が完成レモングラス:レモンの風味が爽やかなお茶が完成

約30人の村の女性が参加し、最後はJVC職員が加工のポイントをまとめて終了です。

左から2番目、ピンクのシャツがJVC職員のソマッチです左から2番目、ピンクのシャツがJVC職員のソマッチです

植林活動の視察

食品加工に続いては(別日)、小学校での植林活動の視察です。これらは植林単体で実施しているのではなく、環境についての授業などとのセットでの活動なのですが、詳細はまた別で報告するとします。当日は、JVC職員のピーが中心となり生徒たちに苗木の植え方を伝え、6種類の苗木を校庭に植えました。

この間の授業を聞いたひと~?とピーが呼びかけたところ・・・この間の授業を聞いたひと~?とピーが呼びかけたところ・・・
ハーイ!と皆、元気いっぱいですハーイ!と皆、元気いっぱいです

植える作業は生徒のほか、JVC職員や視察に来ている農林水産省職員も全員で一丸となって行われました。皆で植えた苗木が大きくなる日が楽しみです。

まっさきに苗木をとりにきた男子たちまっさきに苗木をとりにきた男子たち
JVC職員のブンヒエン(右)の説明を熱心に聞く生徒JVC職員のブンヒエン(右)の説明を熱心に聞く生徒
水入れは、慎重に・・・!水入れは、慎重に・・・!
元気に育ちますように!元気に育ちますように!

農林水産省職員との振り返り会議

だいぶ割愛していますがこんな感じで3日間を終え、最後の振り返り会議。視察に来た職員の皆さんからは、「食品加工研修が発展して、収入を得るための販売まで繋がったら良いですね」「必要があれば、いつでも農林水産省の役員と連絡を取ることができます」といったようなコメントをいただき、今回の視察は無事に終了しました。
村の方との連携はもちろんですが、現地ではこのように、政府関係者との連携も大事な業務の1つです。私もとても勉強になった、現地到着直後の3日間の報告でした!

カンボジアに到着しました!

カンボジア現地調整員 大村 真理子
2018年1月11日 更新

自己紹介

はじめまして。12月からカンボジア事業現地調整員として駐在している大村真理子と申します。こちらに来るまではJVC東京事務所で約3年半、広報グループの職員として働いていたので、「はじめまして」ではない方もいるかもしれません。これから、カンボジアのあれこれをこのブログで綴っていきたいと思います。こまめに遊びに来てください!

私は父親の仕事の関係で、幼少期をバングラデシュ、小学生時代をまるまるシンガポールで過ごしました。両方常夏の国で、更には年に一度の一時帰国も毎回夏休みにしていたので、日本滞在時も常に季節は夏。だからかは分かりませんが、冬に弱く、夏が大好きな人間に育ちました。なので、カンボジアの気候は本当に嬉しい!このジリジリする暑さと日差しは、私にとっては小さい頃を思い出す懐かしい、心地良い気候です。

事業地の村の朝日。本当に空が広くて、美しい国です事業地の村の朝日。本当に空が広くて、美しい国です
団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net