アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

「シーシービ―」をご存知ですか?

カンボジア現地インターン 萩原 大地
2014年9月25日 更新

「シーシービー」という響きを聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?多くの方は日本のロックバンドを思い浮かべるのではないでしょうか。世代によってはパッと思い浮かばない方もおられるとは思いますが。実はJVCカンボジアにも「シーシービ―」と呼ばれる人たちが存在します。

CCVミーティングの様子CCVミーティングの様子

Community Corporation Volunteer の頭文字を取って「CCV」。JVCの活動を手助けしてくれる農家のボランティアの方々のことをそう呼んでいます。JVCが活動している主要な6つの村から2人ないし1人がCCVのメンバーとなり、私たちの活動をサポートしてくれています。

そんなCCVのメンバーが一堂に会するミーティングが今週開かれました。今回のミーティングの目的は、JVCが取り組んでいる幼苗一本植え(SRI : System of Rice Intensification)の活動評価に際しての農家へのインタビューをCCVのメンバーにお願いすることでした。

朝からJVCの事務所に集まってもらい、大まかに概要を説明し、趣旨を理解してもらいます。インタビューでは、SRIに取り組んだかどうかということや、どのくらいの量の苗を植えたかなどを聞いてもらうことになっています。

こうしたミーティングにおいて、自分はリアルタイムでは全く内容が理解できないので、後でスタッフに英語で説明してもらいます。申し訳ないと思いながらもこの作業なしには何も分からないままなので、丁寧に教えてくれるスタッフには感謝しています。

説明を一通り終えると、メンバー全員で直接村に出向いてみんなでインタビューの練習です。こうしたデモンストレーションがあることで、どのようにインタビューをすれば良いのか、具体的な方法がイメージできます。彼らには9/19から約1か月かけてインタビューを行ってもらいます。JVCカンボジアの活動は、CCVの存在があってのものと言えるのではないでしょうか。彼らの存在は、JVCにとっても、村の人にとっても大切です。

みんなでインタビューの練習に行きました。インタビューの練習に行きました。

また、最後になりますが、9/19を以てスタッフの1人であるチャントーンさんがJVCを去ることになりました。彼は、これからプノンペンにて3か月にわたる研修ののち、オーストラリアの大学院に留学します。スタッフがデザインした真新しいTシャツに身を包んで、感慨深げにJVCスタッフとしての最後の仕事となった植林作業をこなしていました。

Good luck, Mr.Chantorn!Good luck, Mr.Chantorn!

とても早口ではあるものの流暢な英語を話す彼にはここに来てから本当にお世話になりました。「いつかカンボジアに戻ってきて、自分の経験を若い世代に伝えていきたい」と熱く語ってくれた彼の今後の成功を祈りたいと思います。

現地インターン萩原さん(2014年度) の記事一覧:こちらもぜひお読みください

更新日タイトル
2015年3月16日 更新目で見て、肌で感じて
2015年2月26日 更新私たちに、何ができるのか?
2015年2月12日 更新私の夢
2015年2月 9日 更新学びと経験
2015年1月26日 更新選択の問題
2015年1月15日 更新ポニーテールと柄物
2015年1月 8日 更新Youth leader training
2014年12月22日 更新誰がために
2014年12月 8日 更新稲を刈る
2014年12月 1日 更新Tree Planting Campaign

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net