アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

昨春に実施された平和ワークショップでの発言内容の紹介です。

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2018年11月 8日 更新

サビルラ(44歳、JVCアフガニスタン現地責任者)

「2002年からクズ・クナールの住民がJVCと協働してきた地域保健や教育の活動を通じて地域の安定や結束を図ったきた。現在は平和と非暴力の学び合いの活動を進めている。クズ・クナール地域はアフガニスタン全国的に見て比較的安全を維持し、JVCの活動も守られてきたものの、近年ISの勢力が出現したり、事件が起こることもあり、平和が揺らぐことのないよう不断の努力が一層必要になってきている」

ロイダールさん(推定53歳、宗教指導者)

「本日はこのような素晴らしい場が持てたことが嬉しい。普段はなかなか交流できない地域の住民もここに集って、問題と解決方法を共有する機会となる。我々は誇りあるイスラム教徒であり、平和の宗教として、平和のメッセージを世界に届けなければならない。しかしながら過去40年の間、イスラム教徒やムジャヒディン(イスラム聖戦士)はその役割を十分に果たすことができなかった。悔しいことである。聖なるクルアンは殺傷を明確に禁じており、イスラム教徒は皆兄弟・姉妹であるから、揉め事が起こったときは血を流すことなく平和裏に解決すべきと書かれている。今日この日に我々が集まったのは人権、教育、健康について語り合うためであり、これら全て、平和なしにはありえない。"神は自分自身が努力しない人々の状況を改善してくれはしない"(クルアンの一節)。コミュニティに於いては、長老や宗教指導者のリーダーシップが重要である。一つの例として、私達の村ではそういったリーダーたちが話し合い、武装した民兵の配置を拒否した。そのような積み重ねが大事だ。」

ハリクさん(推定32歳、青年グループ)

「青年グループがJVCと行った平和や非暴力に関する学び合いは、成果が出ている。争い解決コミュニケーションスキルや交渉、仲介などを学ぶ機会となって、参加者のまわりにも変化が感じられている。例としては青年グループが集まって、モデルガン(実際に怪我人が多く出ている)の販売を禁じる働きかけを行った。子どもたちから銃文化を遠ざけるためだ。家庭からの平和、家庭での教育が特に重要である。」

アシフさん(戦闘が激しい地域の住民)

「紛争を助長する国々がある一方で、日本は教育を通じて平和に取り組んでいる国だと思っている。教育を徹底することで、平和の尊さを理解できる。ゴレーク村(クズ・クナール郡の中)は平和で、その住民から地域活動の例を聞いた。その経験から学ばなければ。」

発言者(名前不明)(戦闘が激しい地域の住民)

「このワークショップでの学びは大きい。クズ・クナールの皆さんに伝えたいのは、治安が悪い自分の出身地では、平和というものを理解できず闘う人は確かにいる。しかし、大多数がどれほど平和を渇望しているかを知ってほしい。このワークショップに参加できたのはほんの数名だ。我々はその分もっと迅速に動き、多くの人にこの取り組みを伝えなければいけない。活動に乗り出そう、まずは家族から。盲目に武装勢力に傾倒してはならないと、子どもたちに伝えよう。政府にも責任を果たしてもらおう。モデルガンを扱っている店には売らないように説得しよう、もう銃はうんざりだ・・・。」

この平和ワークショップでは、参加者が今後取り組みたいとしてこのような意見が挙げられました。

  • 今日のワークショップの内容を周りの人々に伝えること
  • NGOの活動に協力すること
  • 麻薬乱用の悪影響を伝えること
  • 平和・非暴力の啓発運動に参加すること
  • モスク、大学、学校などでも啓発活動を行うこと

活動の資金がまだ不足しています!

アフガニスタンの人々の手による平和という不断の努力を応援し、プロセスを継続していくために、引き続き、皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

  • 郵便局から募金する
    郵便局口座番号:00190-9-27495
    加入者名:JVC東京事務所 ※通信欄に「アフガニスタン」とご記入ください。
  • クレジットカードで募金する
    JVCクレジットカード募金ページからお願いいたします。
    ※募金先指定で「アフガニスタン」を選択できます。
    ※ご利用可能なカードは、VISA/Masterのみとなっております
    ※寄付金の20%は管理費に充てさせていただきます。

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net