アジア・中東・アフリカで活動する国際協力NGOです。
  • JVC facebook
  • JVC twitter
  • イベントメルマガ配信中
  • 文字サイズ:大きく
  • 文字サイズ:中くらいに
  • 文字サイズ:小さく
JVC English website

アフガニスタンに行ってきました。

アフガニスタン事業担当 加藤 真希
2017年4月19日 更新
経由地のドバイの空港から飛行機に乗り込む小野山。いよいよアフガニスタンへ!経由地のドバイの空港から飛行機に乗り込む小野山。いよいよアフガニスタンへ!

ソ連侵攻から数えて40年近く紛争が続くアフガニスタンでは、犠牲となる民間人が後を絶たず、特に農村部ではインフラも届かない厳しい生活環境の中で人々が暮らしています。復興へは、長く遠い道のりが続きます。JVCは2001年の緊急支援以来、保健医療、教育支援、平和構築、提言という4つの活動を行っています。

近年は治安の悪化により日本人がアフガニスタンに入ることが非常に困難な状況が続いていますが、昨年12月、小野山と加藤がアフガニスタンを訪問しました!様々な制約の中ではあるものの、現地の仲間たちと再会し、交流や協議を行ってきました。

カブールに近づきます。山脈が見事!カブールに近づきます。山脈が見事!
首都のカブール空港は民軍両用のため、軍用ヘリも発着していました首都のカブール空港は民軍両用のため、軍用ヘリも発着していました

アフガニスタンでは、現地事務所の同僚たちはもちろんのこと、普段はレポートでしか情報を得られない活動地の村の人々と直接顔を合わせることが出来たこと、これが何よりの収穫となりました。それは事業担当者である私たちにとって大きな喜びであるというだけでなく、日本人の訪問は、(日本を含める)国際社会がアフガニスタンに関心を寄せ、本気で復興支援を継続するのだという姿勢を示すことにもなるからです。今、アフガニスタンの状況は未だに深刻であるにも関わらず、国際支援は減り続けています。

活動を牽引している村の長老たちとの再会(360度カメラで撮影)活動を牽引している村の長老たちとの再会(360度カメラで撮影)

村の人たちとの面会の中で私が最も印象的だったのは、長老たちから言われた次の言葉です。

「日本でも、アフガニスタンではずっと戦争が続いているから、私たちのことは危ない国、危ない人々だと思われているでしょう。しかし、どうか、皆さんに伝えてほしい。私たちアフガン人は決して好戦的な人たちではないということを。アフガン人だけが戦っているのではなく、アフガニスタンを不安定にさせたい外からの干渉が絶えないのだということを。自分たちは、心から平和がほしいと望んでいるのです」

切実なこの訴えに、思わず涙をこらえました。

さて、アフガニスタンと言えば、日本に負けるとも劣らないおもてなしの文化があります。お茶はどこに行っても振る舞われ、客人を手厚くもてなしてくます。カルダモンの香りが効いた緑茶に砂糖をたっぷり入れるのが定番です。個人的に一番のお気に入りのお茶請けは、特産物のレーズン。これは日本ではなかなか手に入らない逸品です。

客には必ずお茶を振る舞う、おもてなし文化客には必ずお茶を振る舞う、おもてなし文化
子どもたちは好奇心旺盛!けらけら笑って走り回っています子どもたちは好奇心旺盛!けらけら笑って走り回っています

アフガニスタンには、厳しい暮らしも、丁寧なおもてなしのお茶の時間も、子どもたちのはじける笑顔もありました。360度カメラも用いて撮影してきた現地の様子をご報告するとともに、アフガニスタンの魅力と国際支援の状況などをお伝えしたいと思います! 男性と女性では文化的な背景からも見られる場所が少し異なりますので、小野山と加藤で2回に分けて報告会を開催いたします。少人数、アットホームな雰囲気で、アフガンのお茶とレーズンを用意してお待ちしています。

Facebook コメント

団体案内
JVCの取り組み
11ヵ国での活動
イベント/お知らせ
現地ブログ
あなたにできること
その他
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター
〒110-8605 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル6F 【地図】
TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519 E-mail:info@ngo-jvc.net